Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのワランティ監査 – 顧客満足を改善し、保証修理コストを削減・管理し、新規ビジネスチャンスを特定します。

ワランティスキームを実施する際、OEMはディーラーネットワークを信頼し、行われた作業に対する責任を負います。ワランティ問題はブランドに対する顧客の不満を引き起こす、不都合な問題です。これらの問題を防ぐために、ディーラーネットワークは3方向または4方向との情報、部品、サービス、請求書の複雑なやり取りを最適な方法で行わなければなりません。正常に機能するワランティプロセスの場合、保証イベントをビジネスチャンスに変えることができます。

これをサポートするために当社のワランティ監査員は、ディーラーの整備エリアの全体像、監査された修理内容、サービス分野の全プロセスの効率性を検査します。当社は以下の監査プログラムを通じて、浪費などのワランティ問題を調査・特定します。

  • OEMまたはSGSが計算した重要業務評価指数に基づいて、ディーラーを特定する
  • SGS独自のソフトウェアautoCARSによる監査を必要とするクレームを分析する 
  • 設備、工程、手順、技術問題などの現場監査
  • 標準修理の指示に対するクレームの一貫性を分析する
  • 非一貫性や非準拠性を特定し、説明する
  • 承認された手順書からの逸脱を明確にする
  • レポート手順を審査する
  • 改善をモニターする

出費を調査することで、過剰支出を防ぎ、プロセスを合理化し、顧客の貴社ブランドに対する認知を保護することができます。その結果、事前支払い承認または支払い済みクレームの監査もしくはスクリーニングを通じて、ディーラーの保証請求のプロセス管理を改善することができます。

SGSのサービスは自動車保証の連鎖反応全体をカバーします。

  • ワランティプロセス、コンサルティング、トレーニング
  • 事前承認サポート
  • 支払い済みクレームのスクリーニング
  • コンサルティング的なワランティ審査
  • 形式化されたワランティ監査

SGSワランティ監査サービスの利点

SGSは、ワランティ監査とアセスメントの効率性を最大化するサービスを提供します。SGSのワランティ監査員と自動車保証アドバイザーは、自動車業界における技術的知識を熟知し、OEMのプロセスや手順も把握しています。専門知識を活用して、SGSはワランティ監査の各要素と貴社のニーズに適切に調整します。

SGSの監査サービスは、ディーラーの能力を管理し、監査、事前承認ホットライン、クレームのスクリーニングに適切なバランスで取り組むための代替的な方法を提供します。

ワランティ監査の詳細については、お気軽にSGSにお問い合わせください。