Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGS NDTトレーニングセンター放射線防護監督者コース - 放射線防護監督者のための専門の放射線防護コース

放射線防護監督者は、高度なトレーニングを受ける必要があります。 SGS NDTトレーニングセンターは、専門の放射線防護コースを提供し、貴社の放射線防護監督者が国際規格に従ってトレーニングと試験を受け、認定を受けることが出来ます。

SGS NDTトレーニングセンターの放射線防護監督者コースを選ぶ理由

SGSの放射線防護監督者コースは次のような事項が含まれています

  • 基本的な放射線の安全評価
  • 標準的記録内容と法令体系
  • 人体への影響
  • 放射線保護物質の法令
  • 被ばく限度
  • 放射線取扱作業の規則・規制
  • 放射線防護監督者および放射線防護アドバイザーの役割
  • 放射線防護のための高度な科学的計算
  • 放射線防護の原則および実践
  • 放射線監視
  • 放射線物質の運搬
  • 個人用(携帯用)線量測定器
  • 緊急時の対応手順
  • 電離放射線規制 (IRR) 1993
  • IRR 1999の知識と理解

PCN放射線防護監督者 (RPS) 試験を受験する受験予定者は、最短で9カ月前に基本放射線安全 (BRS) 証明書を取得する必要があります。

SGS NDTトレーニングセンターの先進的な放射線防護コース

中国にある革新的なSGS NDTトレーニングセンターは、EN ISO 9712・ASNTなどの欧米国際基準に従って最先端のトレーニング、認定および検査を提供します。

さらに、SGS NDTトレーニングセンターは審査登録機関 (AQB) であり、また英国非破壊検査協会 (BINDT) からトレーニング環境の公認も受けています。 結果として、世界最大のNDT技術者認定スキームである、非破壊検査人員認証 (PCN) システムに従って、非破壊検査 (NDT) 技術者のためのトレーニングおよび試験を実施することを、SGSは認可されています。

コースは上海のSGS NDTトレーニングセンターで実施されます。また世界中どこでも、企業様向けに講師を派遣することができます。

SGS NDTトレーニングセンターが提供する放射線防護監督者向け放射線防護コースの詳細について、今すぐお問い合わせ下さい。