Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGS NDTトレーニングセンターの放射線安全管理基礎トレーニングは、放射線安全管理の基礎 (BRS) 認証を取得するための放射線安全管理コースおよび放射線安全管理トレーニングを提供します。

放射線透過検査資格レベルIおよびIIを受験するには、まずBRS試験に合格する必要があります。 SGS NDTトレーニングセンターは、BRS 認証を取得するための放射線安全管理コースおよび放射線安全管理トレーニングを提供します。

SGSのBRS放射線安全管理コースと放射線安全管理トレーニングを選ぶ理由

SGS NDTトレーニングセンターは、世界に通用するリソースと専門知識で、国際規格に基づき、皆様のトレーニングし、試験と資格認証を提供します。 SGSのBRS試験コースには下記のものが含まれます。

  • 放射線物理学の基礎
  • 放射線装置
  • 放射線単位
  • 人体への影響
  • 被ばく限度
  • 放射線検知と測定
  • 被ばく防護
  • 被ばく線量の測定
  • 放射線源の格納
  • 放射線物質の運搬
  • 設備と責任
  • 地域規定と危機管理計画
  • 線量測定器
  • 基準書類
  • 電離放射線規則 (IRR) 1999の知識と理解

BRS試験に向けた先進的な放射線安全管理コースとトレーニング

中国にある革新的なSGS NDTトレーニングセンターは、EN ISO 9712・ASNTなどの欧米国際基準に従って最先端のトレーニング、認証および検査を提供します。

さらに、SGS NDTトレーニングセンターは審査登録機関 (AQB) であり、また英国非破壊検査協会 (BINDT) からトレーニング環境の公認も受けています。 これにより、世界最大のNDT人員認定プログラムである非破壊検査員認証 (PCN) システムに基づいて、非破壊検査 (NDT) 技術者のトレーニングや試験実施が認められています。

コースは上海のSGS NDTトレーニングセンターで実施されます。また世界中どこでも、企業様向けに講師を派遣することができます。

BRS試験に合格するための放射線安全管理コースと放射線安全管理トレーニングを提供するSGS NDTトレーニングセンターについて、詳細をご確認下さい。