Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの自動車機能安全トレーニングコース – モジュールK6、ソフトウェア開発

ソフトウェア開発を中心に取り扱うモジュールK6では、ISO 26262-6に従って、安全性を重視したソフトウェア開発について学習します。 現在の品質基準(SPiCE、CMMIなど)の要求以外に、ISO 26262では機能安全に関する更なる要件が定義されています。 このトレーニングモジュールは、ソフトウェア開発とその実践的実施に対する追加的な要求について説明します。

内容:

  • ISO 26262-6に基づいたソフトウェア開発プロセス
  • ASILに準拠したソフトウェア開発の技術と対策の選択
  • 既存の品質基準(SPiCE、CMMI)とのインターフェース
  • プロジェクトの文書化

大手プロバイダーが提供する、信頼性の高い機能安全トレーニング

当社のコースは、機能安全の専門家であり、経験豊富なトレーナーが行います。 インタラクティブで実践的なアプローチに基づく学習方法で、知識やスキルを伸ばすことができます。

自動車機能安全トレーニング(モジュールK6)についての詳細は、今すぐ当社までご連絡ください。