Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

IEC 61508に対応したSGSの個人資格認定プログラムによって、産業機能安全プロフェッショナルとしての資格認定を受けてください。

SGSの2段階資格プログラムによって機能安全の中で業務を遂行するための資格を取得してください。

手順1: 産業機能安全プロフェッショナル(IFSP:Industrial Functional Safety Professional)

受講生がIFSPとしての資格を受けるには、この部門の全モジュールを修了し、学習内容を証明するために2時間の最終試験に合格しなければなりません。

IFSPトレーニングモジュールには次の内容が含まれます:

  • A2: 機能安全管理(FSM:Functional Safety Management)と安全管理 - プロセス - 支援プロセス
  • A3: 概念開発、リスク分析から概念設計まで
  • A4: ハードウェア開発と安全を重視した開発、安全分析に対する系統的アプローチ
  • A5: ソフトウェア開発と安全を重視したソフトウェア開発

モジュールは個別に予約可能です。

同等のトレーニングモジュールに既に参加したことを証明できる受講者は、SGSに出願して試験を単独で受けることができます。

手順2: 産業機能安全エキスパート(IFSE:Industrial Functional Safety Expert)

受講者がIFSE資格を取得するには、関連する業務に最低5年間、従事してきたことを証明しなければなりません。 この資格取得を希望する個人は、SGS-TÜVザールテスティングコミッションに出願し、機能安全における経験を文書化して、3時間の資格審査に合格する必要があります。

本プログラムの修了後に発行されるSGS-TÜVザールシールは、参加者に対してIFSE資格の取得を立証するものです。

SGSの個人資格プログラムの詳細については、今すぐSGSまでお問い合わせください。