Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSと共にサイバーセキュリティリスクの評価方法と組織の準備方法について学習してください。

異なる脅威によるリスクに対して貴社の投資を保護するためにSGSのトレーニングコースに参加してください。 セキュリティレベルやゾーンなどのサイバーセキュリティ用語が貴社の日々の業務にどのような意味を持つのかを判断してください。

コースの内容

本トレーニングコースは、次の主題をカバーしています:

  • 産業オートメーションと制御システム(IEC 62443)に対応したサイバーセキュリティの概念の導入
  • セキュリティレベルとそのライフサイクル
  • セキュリティリスクの分析と要求される文書化
  • IEC 62443に準拠した参照モデルとセキュリティゾーン
  • IEC 62443に関する概要とその他の規格に対する参照

本トレーニングコースの修了後、貴社にはシステムに対するリスクと準備すべき文書の評価方法に貢献するアプローチが身につきます。

対象グループ

本トレーニングコースは産業の管理者に適しています。

大手プロバイダーが提供する、信頼性の高い機能安全トレーニング

当社のコースは、機能安全の専門家であり、経験豊富なトレーナーが行います。 インタラクティブで実践的なアプローチに基づく学習方法で、知識やスキルを伸ばすことができます。

サイバーセキュリティトレーニングの詳細については、今すぐSGSまでお問い合わせください。