Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの危害分析及び重要管理点(HACCP)導入研修コースによって、食品安全危害リスクの低減方法をご理解頂けます。

SGSの危害分析及び重要管理点(HACCP)は、体系化された予防的アプローチを使用して組織の食品安全危害の管理をご支援します。 本コースはHACCPの導入を提供し、貴社事業における食品安全危害の低減方法の理解を可能にします。

SGSのHACCP導入研修コースが選ばれる理由とは。

本コースの支援内容。

  • HACCPによる食品事業の食品安全危害リスクに対する低減方法の理解
  • HACCPの用語と食品安全と食品衛生の重要性の理解
  • 予備作業とHACCPの原則に基づいたHACCPの計画の開発と導入
  • 食品安全に関連した貴社組織における危害の特定と効率的な管理

本コースを修了するには、上記の全範囲で許容できる成績を証明する必要があります。

コース認証

コースの全期間に参加した場合、参加証明書が発行されます。

コースのEラーニング版をご利用になる場合、全コースを履修し、最終的評価において80%以上の点数を獲得する必要があります。 修了後には、修了証明書をダウンロードできます。

予備知識

受講者には、本コースの開始前に食品安全危害の予備知識と食品ケータリング分野での実務経験を持っていることが求められます。

コースの内容

本コースは以下の内容を網羅しています。

  • HACCP申請と原則
  • 食物が媒介する疾病/食品安全と衛生の導入
  • 法的責任
  • 食品安全マネジメントシステム(FSMS:Food Safety Management System)

コース詳細

  • コース期間: 1日間(対面式)又は1時間(Eラーニング)
  • 提供方法: 対面式又はEラーニング
  • 認定機関: SGS

企業研修における世界的リーダーによる、信頼性の高いHACCP研修

SGSは専門的な研修における世界的リーダーとして、比類無き実績、そして最新の実務における幅広い専門知識を持つ有資格の専門家から構成される世界的ネットワークをご提供しています。 SGSアカデミーは45カ国以上で提供されており、世界中で200,000人以上の専門家を養成しています。

HACCP導入研修コースの詳細の確認又は研修を予約するには、SGSまでお気軽にお問い合わせください。