Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの食品安全及び食品衛生基礎トレーニングコース – ケータリング施設での作業に必要な食品安全と食品衛生スキルに関する基本的な知識を習得頂けます。

COVID-19の情報及び管理を含めるように更新

本トレーニングコースでは、ケータリング施設での作業、事業所がある国における食品安全規制を確実に遵守するために必要な食品安全と食品衛生に関する基本的な知識とスキルを提供します。

学習内容

受講者には本コースの修了後、以下の基本的理解が得られます:

  • 食品安全と食品衛生の要求事項
  • 職場における個人の衛生の重要性
  • 微生物学的、物理的、アレルゲンの汚染
  • 清掃と効果的な清掃方法
  • COVID-19に関連するリスクとその最小化方法

予備知識

本コースの受講者は、ケータリング施設で働いている、または以前に働いていたことがある必要があります。 食品の正しい取扱と保管方法について基本的な知識を持っている必要があります。

コース情報

コース期間: 1日または8時間
提供方法:対面式、バーチャルインストラクター指導(VILT)トレーニング
認定機関: SGS

コース証明書

試験に合格した受講者には「修了証明書」が発行されます。 継続的評価に合格せず、コースの全期間に参加していた受講者には参加証明書が発行されます。

SGSが選ばれる理由とは。

専門的トレーニングのリーディングプロバイダーであるSGSは、長年にわたる国際的経験を活用して、効率的な学習と事業開発をサポートします。 SGSのコースは受講者のキャリア形成をサポートする専門家によって提供されます。

ケータリングのための食品安全及び食品衛生基礎トレーニングコースをご予約の際は、私たちにご連絡ください。