Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

バルク商品の試料採取は困難なことがあり、機械的試料採取システム(MSS)によって取得された試料からの結果に有効性がある場合、システムにはサンプリングバイアスがないことを実証する必要があります。

SGSの技術者は、SGSが設置した新しいシステム、および、SGS以外が設置した既存の機械的試料採取システムに対するバイアステストを行います。

SGSには、システムにバイアスを引き起こす可能性のある問題を検出して、その問題を解決する最も効果的な方法に関する専門家の技術的助言を提供するための、専門知識があります。 SGSは、お客様のMSSが常に偏りのない試料を提供することを保証できます。 多段階式のバイアス試験手順は、システムの正確性や整合性に関する一貫した信頼性の高い評価に結びつきます。

新しい設備

SGSは、石炭の機械的標本分析システムの誤差を、バイアステストを通して効率的に特定・修正するという評価を得ています。 新しい機械的試料採取システムは、最終的な受け取りの前に、バイアステストを受けるべきです。 SGSの技術者は、新しいシステムをチェックして、バイアスのかかった試料が見つかった場合には、システムを調節してバイアスを修正する最も効果的な方法に関する提案を行います。

既存の設備

国際標準化機構(ISO)では、稼動中の機械的標本分析システムに対する定期的なバイアステストを勧めています。 SGSでは、システムが一貫して代表的結果を提供することを保証する、定期的なバイアステストサービスを提供しています。