Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、バラ積み貨物用の自動サンプル採取システム(MSS)に対し、設計に優れ信頼性の高い業界基準を設定しています。

自動試料採取システムがどんなに複雑であっても、その適切な管理方法を決定し維持する能力は不可欠です。 PLCベースの制御システムを備えたSGS自動試料採取システムを使って、運用を最適化しましょう。

SGSの自動サンプル採取システムは、PLC(プログラマブルロジックコントローラ)に基づく制御システムを装備しており、偏りのない代表的な試料が、整合的かつ効率的に採取されることを保証します。 SGSのPLCベースの制御システムには、自動サンプル採取システムの円滑な運用を保証するさまざまな機能が含まれています。

  • 試料採取システムのパラメータは、特定のハードウェアや経験豊富なエンジニアがいなくても、付属のソフトウェアによって簡単に変更できます。
  • SGSのPLCベースの制御システムに搭載されているのは、すべて、信頼性の高いOmronやAllen BradleyのPLCです。
  • オプションのタッチスクリーンを使うと、パスワードが保護された画面上で操作用のパラメーターを変更することができます。 この機能は、システムのセキュリティを向上させ、試料採取システムの状態を監視して警報条件を表示することを可能にします。
  • 各システムには、安全性や耐久性が備わっています。 モーターコントロールセンター(MCC)およびPLCの梱包体は、IP65(International Protection:国際保護)等級のForm 1の構造物です。 梱包体は、塗装軟鋼や316ステンレス鋼その他の材料から成り満足できるものであり、要望によりご覧になれます。
  • モーターや制御素子は、納品前に一時的にMCCに配線して、全面的にテストされます。

SGSの正確かつ信頼性の高い自動サンプル採取システムやPLCベースの制御システムが、バラ積み貨物の試料採取をどのように最適化するかをお知りになりたい方は、SGSにお問合せください。