Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

石炭、コークスおよびバイオ燃料の正確な工業および元素分析結果は、鉱業および加工運営で重要なステップです。

理想的には、これらの試験は、受け入れられる国際標準に適合し、最も厳しい試験所管理の下で実施するべきです。 SGSには、独立した専門家のグローバルチームに支えられた、装置および経験があり、次のものを確認するために必要な結果が得られます。

  • 国際標準(ASTM、ISO、AS、D)へのコンプライアンス
  • プラントオペレーションの最適化
  • 衛生および環境計画
  • 契約コンプライアンス
  • 排出物規制への準拠

SGS試験所で実施する工业分析試験は、該当する標準とともに、次のものが含まれます。

  • 湿気
    湿気は、採取した現場のその時間にその条件で石炭に存在した水分です。 SGSの専門家は、採鉱された状態の試料と、石炭の化学構造の中に含まれていない水分を追い出すために、管理された条件で加熱された試料の間の質量損失を測定することで、貴社試料の中の湿気の量を判断します。

  • 硫黄 (ASTM D4239, ISO 351, AS1038.6)
    石炭サンプルの硫黄分を測定することは、石炭燃焼から起こる硫黄排出を評価したり、契約仕様の目的で重要です。 SGSには、タイムリーに正確な結果を提供する施設およびノウハウがあります。

  • カロリー値(ASTM D5865, ISO 1928, AS1038.5)
    石炭またはコークスのカロリー値は、固形燃料が酸素の中で完全燃焼したときに解放される熱です。 正確な結果を得るために、SGSは貴社燃料試料をボンベ熱量計の中で燃焼して、総熱エネルギーを測定します。

  • 揮発性物質 (ASTM D3175, ISO 562, AS1038.3)
    揮発性物質には、水を除いて、酸素なしに高温で解放される石炭の成分が含まれます。 揮発性物質は、揮発性の高い石炭は、自発的燃焼のリスクが増加するために、大きな衛生および安全上の検討事項です。 SGSは、厳しく管理された条件下で重量分析前後の揮発性物質の質量を測定することで、貴社石炭試料の中の揮発性物質を判断します。

  • 固定炭素(ASTM D5142, ISO 17246)
    石炭の固定炭素成分は、石炭資料の元の質量から、湿気、揮発性物質、および灰分の割合を引くことで判断します。石炭から揮発成分を追い出した後に残る、固形可燃性残存物です。 SGSの専門家は、固定炭素試験を実施して、貴社石炭試料から得られるコークスの量を見積もります。

  • 灰分
    SGSは、灰分元素試験、灰分溶解試験および石炭灰分析を含む、多様な基本的な灰分分析試験を実施します。

元素分析試験

元素分析試験では、工業分析よりも包括的な結果が得られます。 SGSは、元素試験の結果を使用して、湿気、灰分、炭素、水素、窒素、硫黄および酸素を含む、石炭の元素成分を判断します(差分により)。 弊社では、化学分析により各元素を判断し、元の石炭またはコークス試料の合計質量の割合として、それを表現します。 

SGSは、石炭およびコークス業界向け化学分析のグローバルな大手です。 工業および元素分析は、弊社の最先端の試験所で実施し、貴社の石炭、コークスおよびバイオ燃料試料からタイムリーに正確で独立した結果を提供します。