Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ベンチおよびパイロットスケールの乾留試験は、商用コークスオーブンで試験する前に、コークス石炭およびコークス配合炭の評価に使用します。 コークス石炭の正確な性質を理解することは、安全で最適なコークス施設運営に役立ちます。

SGS の技術専門家が乾留試験を実施し、貴社の石炭の総合的な品質を正確に評価します。 弊社では、すばやく信頼性のある公平な結果を、世界中の主要石炭産地に便利に位置している弊社の試験所から提供します。

SGSの技術専門家は乾留試験結果に基づいて、貴社の石炭および配合炭が副産物コークスオーブンでどのような性能を発揮するかを評価します。 弊社が試験する石炭の性質には、オーブンからできるコークス塊の押し出し容易さ、コークス圧、およびできあがるコークス品質が含まれます。 弊社の石炭乾留試験には次のものが含まれます。

  • ソールヒートオーブン(SHO)
    ソールヒートオーブンで実施する試験により、管理された条件で加熱したときの石炭または配合炭の収縮または拡張傾向が評価されます。 SGS の技術スタッフはデータを作成し、貴社のコーク生産設備で高品質のコークを安全に生産するための、特定の配合炭を策定します。
  • 30ポンド圧力試験オーブン(PTO)
    SGSの試験所には、2つのコンピュータ制御加熱プログラムを搭載した30ポンド圧力試験オーブンがあります。 弊社の技術スタッフはこの装置を利用して、3時間と7時間のプログラムを実施します。3時間プログラムは石炭サンプルから発生する最大壁圧力の測定、7時間プログラムは反応度と反応後強度の試験を行うのに使用します。 コークス圧が高いと、副産物コークスオーブンの壁が傷むことがあります。 SGSは、効果的なスクリーニングおよび比較ツールとしてPTOを使用し、低中揮発性コークス炭を評価するために役立つデータを提供します。
  • 可動壁オーブン試験
    SGS は可動壁オーブン試験を利用して、貴社の石炭乾留試験に必要な情報を提供します。 弊社の18インチのオーブンは、650-750 lbsの石炭にも対応し、新規または修正された配合炭を試験します。 このオーブンは安定性、硬度、CRI/CSRなどのコークス物理試験に適したなサイズおよび数量のコークスを生産します。 試験中に発生する壁ガスならびに内部ガスの圧力測定も行われます。 可動式壁は、過度の膨張や圧力によるダメージを防ぎます。

SGS 乾留試験の結果により、最大品質のコークスを生産する石炭または配合炭を選択できます。 正しい石炭または配合炭を使用することで、スムーズな工場運営が保証され、運営コストを削減できます。 SGSは石炭およびコークス分析大手である、その石炭乾留試験結果は信頼できます。