Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSでは、グローバルな石炭産業向けに信頼できる幅広い灰分析サービスを提供しています。

世界各地の弊社の最先端の試験所で実施される灰成分分析、灰融合試験およびその他の石炭灰分析から得られるデータは、貴社の工場運営の効率性に影響する重要決定の助けとなり、石炭品質の問題に対応する方策を助けます。

SGSでは、石炭の生産者、購入者、運送業者または消費者であるかを問わず、試験ニーズに合致する完全な範囲の試験所手順を提供します。 弊社の試験所分析および検定手順は、認識されたグローバル標準に従って厳しい管理の下で実施されます。 SGSの近似石炭灰分析サービスには次のものが含まれます。

灰融合

SGSの灰融合試験で、ボイラー内の高温での石炭の軟化および熔解特性の指標が得られます。 重要な灰軟化温度は、加熱しながらサンプルの変形増加を監視することで判断します。 SGSの灰融合試験は、石炭のスラグ化傾向を予測し制御するための有用なツールです。

灰粘度

灰粘度計試験により、石炭および石炭混合物の温度-粘度関係を直接測定できます。 この試験の情報により、サンプルのスラグ化傾向を判断できいます。

化学的灰成分分析

SGSは、グローバルな業界標準に従って完全な灰成分分析を実施する専門技術および試験所施設を有しています。 資格のあるSGS技術スタッフにより灰成分分析で、ボイラー内での灰融合温度に悪影響がある酸化物の量的評価を実施できます。

フライアッシュ抵抗率

フライアッシュ抵抗率は、静電性促進性能に影響する主要パラメータです。 抵抗率では、フライアッシュまたは微粒子が電荷をどれだけ簡単に受け取るかを測定します。 SGSの技術専門家が、認識された業界標準に従って、完全なフライアッシュ抵抗率試験を実施します。

石炭岩石記載学

石炭記載岩石調査は、サンプルの石炭化の度合いおよびマセラルの量およびクラスを判断するために使用します。 記載岩石調査は、主に、瀝青質石炭および石炭ブレンド、およびそれらが溶鉱炉コークスを生産する能力を評価するツールとして使用します。 石炭記載岩石調査は、石炭に汚染物質が存在するかを判断し、サンプル中の酸化石炭を検出するためにも使用できます。 弊社の経験あるスタッフが、専門家によるランクおよびタイプ判断を行い、また完全なコークスおよび製品別分析を実施します。

灰分析は、SGSの独立した試験専門家のグローバルチームが提供する石炭およびコークス分析の1種です。 弊社の試験および検定により、契約上の合意を満たし、ボイラー運営を最適化する作業を助ける有用なデータが得られます。