Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

国際標準化機構(ISO)は商品のカーボンフットプリントに関する新しい規格 ISO 14067 を開発中です。

昨今、顧客、消費者、株主などのステークホルダーの、貴社の活動、商品やサービスが環境に与える影響への関心はますます増加しています。 貴社にとってこの状況は試練かもしれませんが、ビジネスチャンスでもあります。 カーボンフットプリントの検証は、貴社が環境に対する責任を履行していることを証明し、競合他社に差をつけ、既存顧客にも潜在顧客にも貴社の取り組みを実証することができます。

貴社は策定中の ISO 14067 規格に適合することにより、日常活動の環境へのインパクトを削減する取組をカーボンフットプリント分析を用いることにより証明できます。

新規格はライフサイクル査定 (ISO 14040/44) と環境ラベル・宣言 (ISO 14025) を対象とする既存の ISO 規格の上に策定されています。 この新規格は現在国際規格案(DIS) の段階にあり、すでに主要規定は策定済みであり国ごとのコメントが集められています。

PAS 2050 は ISO 14067 開発の基礎となっています。 SGS により PAS 2050 に基づいた検証を実施すると ISO 14067 をその発効と同時にスムーズに採用できるようになり、貴社が競争優位になるでしょう。

SGSでは要求される追加的環境パフォーマンス基準に対する監査も実施致します。 また、貴社がパフォーマンス基準やチェックリストを開発するお手伝いや、貴社の営業およびサプライヤーネットワークについて、現在の方法に対するパフォーマンスをチェックすることもできます。

さらに、当社のカスタム化したトレーニングコースにより、貴社のカーボンフットプリントの管理・削減という貴社プロジェクトを開始していただくことも可能です。

  • 製品・サービスのカーボンフットプリントアセスメントおよび検証についての導入セミナー
  • 製品・サービスのカーボンフットプリント基礎研修コース
  • 製品・サービスのカーボンフットプリント主任検証人研修コース

SGS のISO 14067 規格に照らしたカーボンフットプリント分析により、貴社の環境への取り組みを実証できます。