Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

お客様の従業員が危険物被曝の危険にさらされていないことを保証するために、経験豊富なSGSチームのアスベスト在庫や鉱物繊維標本分析計画をご利用ください。

アスベストその他の呼吸域の天然繊維は、人の健康に有害であり、多くの国で規制され製品は禁止されています。 SGSのアスベスト・鉱物繊維標本分析は、産業・製造・建築に幅広く利用され特定の鉱山活動の結果として存在するアスベストや結晶シリカを検出することができます。 このような繊維は発癌物質として認められており、職場でのこのような繊維への被曝はチェック・規制・除去する必要があります。

SGSは、現場のアスベスト在庫やリスクの評価を実施し、お客様の施設に健康や安全の問題が存在するかどうかを判定します。 SGSの専門家のチームは、疑わしい場所から注意深く試料を採取して、周囲の空気を監視します。 試料はSGSの公認の研究所によって調査され、アスベストの存在および種類や量が求められます。 またSGSは、アスベストを他の天然繊維や人造繊維からはっきり区別することができます。

SGSは、お客様に試験結果に基づいた独立レポートを提供し、法律や規制に対するコンプライアンスに関するアドバイスを行います。 わかりやすい管理計画は、発見された有害物質のラベリング、定期検査、そして必要に応じた安全な除去を含む迅速な処置をとるために役立ちます。

現場の視察を行って、従業員が健康・安全基準を満たす危険のない環境で働いていることを保証したい方は、今すぐSGSにお問い合わせください。