Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

プロセス鉱物学は、鉱石と脈石鉱物の関係にフォーカスします。

こうした研究で収集されたデータにより、鉱石の中のさまざまな鉱物相の鉱物特性および様相(テクスチャ)が特性分析され、回収率および選択性が最適化され、環境感度が予測されます。 50年以上に渡り、SGSは応用鉱物学サポートを数千の抽出冶金学プロジェクトに提供しており、数百の新規鉱山の開発に貢献してきました。 弊社では、独特の深度と幅のある高精度鉱物学の専門技術、装置および高度な技術を提供します。

SGSのプロセス鉱物学サービスでは、研削性および冶金学的回収率に影響する要因の詳細なスナップショットを提供します。 こうしたデータは次のように利用できます。

  • 基礎的操業開始のためのフローシート開発を支援。
  • 事前フィージビリティの地球冶金学および変異性研究に追加。
  • フィージビリティでパイロットプラントの問題を解決。
  • 進行中の運営について冶金会計を支援。 
  • 監査および問題解決プログラムでプラントのベンチマークを作成。

SGSの鉱物学専門家は以下のものを判断できます。 

  • 有用鉱物および有害鉱物の存在。 
  • 易収鉱または難溶鉱に含まれた金のふるまい。
  • 好ましい鉱物種の存在 
  • 鉱体全体の多様な鉱石領域分布
  • 濃縮物品質を向上するためのメカニズム
  • 有害な鉱物相の発生

弊社には、以下のものを定量化することで、冶金学的等級および回収への物理的鉱石特性の影響を理解する経験があります。

  • 対象鉱物の粒子サイズ分布。
  • 鉱石鉱物の脈石とのテクスチャ関連性。 
  • 多様な種の等級-回収率曲線

SGSは、以下のものを観察することで、鉱物回収率および等級実績が悪い場合、期待外れである理由を明確にすることができます。

  • フィードおよび製品における対象鉱物の解放度
  • 尾鉱ストリームの中の有用鉱物のふるまい。
  • 濃縮物の中の脈石鉱物の振る舞い

SGSとのパートナーシップで、プロセス鉱物学を使用して、貴社プロジェクトのあらゆる段階で等級および回収率を最適化できます。 弊社の専門技術の国際フレームワークは、広範な装置ベースと合わさって、弊社がプロセス鉱物学サービスの世界の大手業者であることを意味します。