Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

現場のメタンガスの特定により、炭層における脱着ガス、排気ガスおよびガス漏れの量を正確に測定できます。

SGSのスタッフは、現場のガス特定において直接手法を用います。 弊社は、層から得られたコアサンプルから放出されたガスの総量を正確に測定することにより、石炭内のメタン量を特定します。

掘削の直後にサンプルが収集されます。 これは特別にデザインされた容器の中に密閉され、これにより高い精度でガスの量を測定できます。 その後、この分野の分析に関して専門知識を持つSGSのラボに発送されます。 ここでは、ガスの実際の排出総量(脱着)が3段階で規定されます:

  1. 脱着ガスの計測
  2. 排気ガスの決定
  3. ガス漏れの推定

最初の数時間の分析で、サンプルから放出された脱着ガスの量が、短い間隔で定期的に計測されます。 データはその後、表面上での回復および処理中に放出されたガス漏れの推定に使われます。 放出されたガスの量は、0.05 ml/g/日になるまで数日間、時間間隔を延ばして計測されます。

サンプルがガスの放出をほぼ終了すると、SGSのスタッフは排気ガスの決定のためにサンプルを計量および準備します。 コアサンプルが粉砕され、排気ガスの量は排水量を通じて計測されます。 最後に、ガス漏れの量がグラフで計算されます。 掘削手段、掘削時間、表面到達時間および容器の中の密閉時間など多くの変数データは、ガス漏れの正確な量を入手するために適用されます。 サンプルの実際のガス容量は、脱着ガス、排気ガスおよびガス漏れの量を足し合わせることにより計算されます。

貴社の操業における付加価値メタンの利用可能性について査定する方法について知るには、弊社までご連絡ください。