Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

炭層内のメタンガスは、経済的に回収が可能な場合、採掘作業において追加収入源となる可能性があります。 SGSでは、炭層における炭層メタン(CBM)の量を特定する技術的および実験面での性能を有しております。

SGSの炭層メタン業務には、以下のものが含まれます:

  • コアの現場収集
  • 石炭の分析
  • 脱着したガスの量、残存ガスの量の計測およびコアサンプルから失われたガスの量の推定
  • 現場におけるガスの全体量あるいは単位重量あたり石炭に脱着されるガスの総量
  • CBMガスサンプルの収集と、生産井におけるガス品質の監視
  • 生産井戸においてCBM許可で要求されている水と騒音のサンプルリング

SGSは、現場のガス成分の推定および炭層におけるガス成分の測量を直接実施する方法を持っています。 フィールドでは、コアがドリルで切断されてから、収集コンテナ内で密閉されるまでの経過時間を監視および記録いたします。 サンプルは輸送中およびサンプル調整中に、現場の地上温度と同じに安定保存されます。 その後、コアサンプルのガス分析に進みます。

ガスの品質が計測され、最終的に石炭サンプルが粉砕され、残りのガスが回収および計測されます。 そしてガス構成は、ガスクロマトグラフィーにより特定されます。

改質ガスのSGS分析および炭層における現場ガスの特定により、炭層の構成および潜在性の全貌がはっきりとわかります。 弊社に連絡して、これら試験についてより詳しく学びましょう。