Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

船舶の貯蔵庫および条件の調査は、船舶の条件を制定および記録する際に使用される重要な要素となります。

船の所有者の変更時やチャーター契約の締結時にご利用になられると、お客様の利益や投資が保護されます。 地元のSGS点検職員が弊社のグローバルネットワークの中できめ細かく作業し、お客様独自の調査が業界の最善例に確実につながるようにします。

船舶の購入、販売およびチャーター時には、独立したバンカーおよび条件の調査により、船舶の実際の状態について文書での証拠が得られます。 弊社の海洋業務部の専門家が実施する目視点検により、積み出し港から輸出されるバルク荷物の品質が、積み下ろし港に到着する際の品質であることを確認することにより、商業上および契約上のリスクも最小化します。

バンカーの調査

バンカーの調査により、バンカーの容量および船舶上にある潤滑油の量が規定されます。 争議あるいは苦情申し立ての際にはバンカーの記録作業が必要となるため、これら調査は損失回避のための重要な対策です。

不適切なバンカーサンプルの収集および配布により、争議の際に苦情申し立てができなくなるリスクがあります。 弊社が擁する第3者海洋調査者のグローバルネットワークは、チャーター期間の前後におけるバンカー調査の経験が豊富です。

現状調査

現状調査は通常、バンカー調査と組み合わせて実施されます。 現状調査は船舶の荷重ギア、貨物蔵および出入り口の条件を点検および記録するために実施されます。

SGSの点検者は、国際的に高く評価されています。 これにより、お客様が購入、チャーターあるいはご使用される船舶の実際の状況が、独自の証拠として記録・提供されます。 SGSの検査者が提供する調査結果および報告書は、船舶あるいは貨物への被害の結果として苦情を申し立てる際に使用することができます。

現状調査とバンカー調査は、SGSが実施する商業運送船点検であり、これによりバルク貨物を輸送する際に金銭的保護および安心が得られます。