Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGS 施設セキュリティ認証サービス(FSES:Facility Security Evaluation Service)によって、施設の安全性が実証できます。

国際間の物流は往々にして犯罪標的となりやすく、高価な製品やリスクの高い製品の生産者および物流サービス供給者のサプライチェーンにおける大きな懸念事項の1つとなっています。 これらの犯罪は、世界規模でますます巧妙となっており、施設のセキュリティレベルを上げることは喫緊かつ重要な課題となっています。 SGS FSESによって、施設の安全性が実証できます。

SGS FSESが選ばれる理由とは?

工場や倉庫などの施設における貨物、荷物および製品を悪意ある攻撃から守るため導入された以下の内容の設置状況およびオペレーション状況を評価するものです。

  • ビデオ監視システム
  • 出入管理システム
  • センサー管理システム
  • 警備員の配置および機械警備システム
  • その他の設備

本サービスの評価レベルは、以下の3段階から選択することができます。

  • シルバー: 標準的な施設セキュリティレベル
  • ゴールド: 標準的な施設セキュリティを強化した推奨セキュリティレベル
  • プラチナ: 厳格な国際基準と同等の施設セキュリティレベル

認証サービスを受けることにより、顧客やサプライヤー、その他の利害関係者に貴施設のセキュリティレベルを実証することができます。また、セキュリティを重視する顧客とのビジネスチャンスも期待できます。

リスクマネジメントのリーダーによるセキュリティ評価

SGSにはリスクの特定、潜在的影響の評価、リスク低減のソリューションの提供を可能にする幅広い産業を網羅したネットワークがあります。

SGS FSESの詳細については、SGSまでお問い合わせください。