Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、鉱物材料、工業材料、スクラップおよびリサイクル材料向けの異物の混入がない信頼できる代表サンプルとなる、試料調整業務を提供しております。

弊社は、貴社サンプルを分析に適切な形状まで信頼できる形で縮分するためのプロトコル、手順書およびラボ専門知識を擁しております。

試料縮分(破砕、分割およびふるい分け)は、試料乾燥後に通常行われます。。 SGSの研究所の専門家は、この手順技術を習得しています。 彼らから、異物が混入していない分析用に適切に調整された小口試料が提供されます。

サンプル粉砕

SGSラボのスタッフは通常、一次粉砕ツールとしてジョー・クラッシャーを使用します。 この粉砕機は最大で15 cmの塊を粉砕可能で、サンプルの80%が2 mmのふるいを通過するまで粉砕することができます。 試料微粉砕用にさらに小さなサイズに砕く必要な場合には、スタッフはリングおよびパックミルを使用いたします。 有機サンプルは、やわらかいためにハンマーミルを使用して小さいサイズくすることができます。 これにより有機材料がより簡単に平均化し、代表小口サンプルの作成が容易になります。

弊社のラボを通じてご利用可能なサンプル粉砕業務には、以下のものが含まれます:

  • ジョー・クラッシャーで6mm以下にする。
  • 3.0kg以下を、75%が2mmに通過するまで粉砕
  • ボイド、ライノ、ナゲットおよびターミネータークラッシャーを利用して公称マイナス2mmまでジョークラッシュする。
  • ジョークラッシュで3.0kg以下を、さまざまなメッシュサイズに粉砕
  • ジョークラッシュで3.0kg以上を、さまざまなメッシュサイズに粉砕
  • 3.0kg以下を、90%が2 mmを通過するまで粉砕 

サンプル分割

破砕後にSGSラボのスタッフは、粉砕用を作るためにサンプルからサブサンプルを作ります。 このためには分割が必要です。 弊社スタッフは業界の基準慣行に従い、貴社のサブサンプルが確実に最初のサンプルを代表するようにいたします。 重複分割は綿密に調査され、分割前に適切な小さなサンプルに破砕されていることを確かめます。

SGSのサンプル分割業務には以下のものが含まれます:

  • サンプル量の縮小 – 垂体分割および4分の1分割器
  • サンプル量の縮小 – リフル分割器
  • サンプル量の縮小 – ロータリー分割器

サンプルのふるい分け

サンプルのふるい分けは、SGSがさらに提供する試料調整手順です。 サンプルのふるい分け業務には、以下のものが含まれます:

  • 2.0kg以下のサンプルに対して、80メッシュ以下に乾燥ふるい分け
  • 2.0kgのサンプルに対して、さまざまなメッシュサイズに乾燥ふるい分け

SGSの厳密なサンプル破砕、分割およびふるい分け手法により、貴社の分析結果がサンプルを本当に代表したものになることが保証されます。 試料調整に関する、弊社業務の完全な説明案内に進む