Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

自然界に存在する無機材料の多くは、結晶構造の中に揮発性成分や湿気があります。

SGSは、強熱減量(LOI)や熱重量分析などのさまざまな試験を活用して、試料中の結晶水や揮発性成分に対し、信頼性の高いグローバルに認められた質的・量的分析を提供します。

世界中にあるSGSの最新式の研究所では、含水率や揮発性物質に対して、以下のようなさまざまな正確かつ独自の化学分析を実施しています。

強熱減量(LOI)試験

強熱減量は、試料中に存在する水分や揮発性物質の質量を表します。 強熱減量により失われる揮発性物質は、通常、「結合水」と炭酸塩から生じた二酸化炭素から構成されています。 この重要な試験の結果は、鉱物の全岩解析の構成要素の一つです。 LOI試験の際に、SGSの技術専門家は、試料を特定の温度で加熱して、放出された水分や揮発性物質を収集・測定します。 この試験は、試料の質量が変わらなくなるまで続けられます。

熱重量分析

SGSの熱重量分析(TGA)の結果は、試料中のLOIを定めます。 この分析の際には、温度の増加に伴う質量の変化が継続的に監視されます。 SGSの研究所で実施される熱重量試験は、重量・温度・温度変化の正確な測定に基づいて、信頼性の高い試験結果を提供します。 SGSは、以下のようなさまざまなパラメータを判定するためにこの試験を実施しています。

  • 分解温度 
  • 吸水量 
  • 有機および無機化合物のレベル
  • 分解点
  • 溶媒残留物
  • 腐食速度
  • LOI

SGSでは、より明確な結果が必要な場合には、赤外線検出器を利用してTGA後の気体をより正確に特定します。

SGSは、材料中の含水率を正確に判定するための、あらゆる種類の化学分析を提供しています。 SGSの優秀な技術と経験豊かなスタッフは、信頼性の高い試験結果を保証します。 SGSは、事業を成長させるための最適な意思決定に必要な、試料の品質・組成に関する偏らない独立したデータを提供します。