Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは以下のような内容の危険物品の空輸、海運、路上輸送に関する専門的トレーニングコースを提供します。

  • IATA危険物品規制(初回コースと再受講コース)
  • IATA危険物品規制(放射能物質)
  • ADR、ADNとIMDGの意識
  • 航空貨物セキュリティ

IATA危険物品規制

危険物品の空輸に関するIATA危険物品規制(DGR)は輸送業者、梱包業者、輸送業者の代理店に運用者を代表して受け入れ、ハンドリング、積降載、搬送またはその他のカーゴ処理に関するトレーニング要件を規定しています。 

参加者はコース最後に正式な試験を受験できます。 この試験に合格するとIATAトレーニング証明書を取得でき、さらに、氏名がIATA国際学習者名簿に追加されます。 トレーニング証明書は2年間有効であり 、前回トレーニングから24ヶ月以内にトレーニングの再受講により更新可能です。 オランダでは、当社のトレーニングが同国運輸省の免許を取得しました。

放射性(クラス7)物質は別途のトレーニングコースで受講できます。

意識トレーニング

意識トレーニングはADR、ADN、IMDGの各規則セクション1.3と1.10に従い行われます。

セキュリティトレーニング

セキュリティトレーニングはオランダの法律に準拠して提供されています。 トレーニング専門会社と協力して、SGSは以下のトレーニングプログラムを提供しています:

  • 航空貨物セキュリティアドバイザー(BAL)
  • 航空貨物検査者
  • 航空貨物取扱作業者

トレーニングの全コースは普通はオランダ語で提供されていますが必要に応じて英語でも実施可能です。 ご要望に応じてトレーニングは貴社内でも編成可能です。  

SGSの危険物品トレーニングについてさらに詳細をおたずねください。