Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

石油価格が高騰するにつれ、サプライチェインを移動する石油製品の量的変動を正確に監視することが、ますます重要になっています。

SGSでは、正確で信頼できるマリンロス分析および調整計算を提供することの重要性を認識しています。 この情報は損失管理の改善、必要な場合には損害請求の提出、そして一般的には皆様のロジスティックチェインの中で能率および説明責任を改善するために使用できます。 弊社の積極的なロスコントロールサービスにより、石油業界で輸送損失、在庫管理、船上燃料ブレンドおよびターミナル監査のすべての側面がカバーされます。

マリンロス分析および調整のメリット

石油製品、石油化学などのバルク液体が取引・移動または保管される場合、ある場所またはある時点で計測された量に変化があります。 標準チェーン計算を実施する場合、小さなエラーでも大きな悪影響となる可能性があるため、それぞれの計測は細心の注意で実施する必要があります。

輸送分析および調整には、測定結果のしっかりした完全な検討が含まれます。 これにより、船荷証券 (BOL) に記載された量と算出証明書で示された量の間の体積または重量の違い、いわゆる結果損失の根本原因の分析が可能となります。 弊社の熟練チームは、輸送モデルを構築および分析して、ブレンド、追加および船間はしけ輸送などの要素の影響を評価することができ、皆様のロジスティックチェイン全体の正確な構図構築を支援します。

数多くの違いが簡単に説明でき大きな影響がない一方で、状況によってはバッチ量で大幅な変動を生み出す変化が起きる場合があります。

原因には以下のものがあります:

  • 浮遊物からの水沈降
  • 溶液に流れ込む水
  • ブレンド実施中の製品密度変化
  • 密度、熱またはその両方の勾配による層形成 
  • 単純なタンクまたはパイプ漏れ
  • パイプライン充填の不完全性
  • 装置の不具合
  • 人為的な計測や計算ミス

弊社の損失管理サービス

ターミナル、船舶の所有者、取引人、チャーター人、受領者および船舶の運用者の間で利害が対立した場合には、皆様の利益を守るためにSGSにご依頼ください。 弊社サービスでは、以下のものをカバーします:

  • 在庫管理
    皆様の貨物を正確に監視するために弊社では、数量および品質管理のためにAPI規準を導入し、皆様の内容物を毎月すべての貨物の移動と照らし合わせ、差異を追跡して問題点を特定します。

  • ターミナル監査
    責任および説明責任の構築が欠かせません。 皆様の貨物がターミナルに到着する前、または到着後に、弊社はターミナルがすべての側面および操業プロセスから貨物の適切な取り扱いが可能なことを確証します。

SGSが提供するマリンロス分析およびロスコントロールサービスにより、皆様のロジスティックの能率および説明責任が向上する方法をご覧ください。