Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

ホールドおよび昇降口の検査は、貴社が発送する荷物が、積み入れ時と同じ条件で確実に受領されるようにするためにSGSが提供するより広範な業務の一環です。

購買者あるいは販売者は、積み入れ前にホールドのSGS検査を依頼できます。 これにより両者が、ホールドに積み入れ済の素材が汚染されておらず、またいかなる方法でも船舶の欠陥の影響を受けることがないという確証を持つことができます。 弊社の検査者が、目にした異常を全て写真撮影・記録および報告いたします。 査定終了後、弊社は国際的に認知された検査証明書を発行いたします。

ホールド検査

SGSの検査者が、船舶のホールドが荷物の受入れ 領準備ができていることを確認します。 弊社のホールド検査者は、貴社の荷物の品質に影響する可能性のある数多くの要素を考慮します。 弊社の能力のある熟練検査者は:

  • ホールドには、荷物を汚染あるいは色落ちさせる錆びおよびペンキ片がないことを保証します。
  • アクセス不能な部分を含めて、ホールドには以前の荷物の残余物がないという保証を提供いたします。
  • 荷物と反応あるいは発火する可能性のある木材仕切りあるいはダンネージ(荷敷)の証拠を探します。
  • 貴社の荷物をリスクにさらす可能性のある物質を含む、以前の荷物の証拠がないか、船舶の公開記録を点検します。
  • 検疫の要件により何らかの結果が発生する可能性のある種子あるいは穀物を含む、以前の荷物に特別の注意を払います。
  • ホールドあるいはビルジに湿気あるいは以前の水による損傷が発生していないか確認します。

昇降口の点検

船舶の昇降口カバー密閉および固定調整が不適切な場合、荷物の損傷および受け取り拒否の割合が高まります。 SGS昇降口点検では、昇降口カバーの状態が荷物に危険を及ぼすものではない証拠を提供いたします。 弊社の点検事項:

  • 出発時および到着時に昇降口カバーを目視点検し、水密性および適切な操業を確認。
  • 荷物の品質を危険にさらす可能性のある明らかな損傷、穴および漏れ出し場所がないか探す。
  • チョーク、ホースおよび超音波漏れ検出(ULD)試験を実施して、客観的査定および確認を行う。

完全で独自の昇降口およびホールドの点検は、バルク貨物の管理において信頼できるリーダーであるSGSが提供する、商業運送業者調査業務です。