Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

チオ硫酸塩洗脱は、鉱石からシアン化物を使わずに金を回収するプロセスです。

SGSがチオ硫酸塩浸出過程を開発したのは、規制の圧力が増してシアン化物の使用や輸送が不可能な管轄が出現したからです。

SGSは、チオ硫酸塩浸出技術において世界の最先端を行く企業です。 SGSの研究所および業界専門家は、この技術を一部の金鉱石で実現性のあるシアン化法の代替手法として設計および開発するために、長年を費やしてきました。

チオ硫酸塩洗脱は、金回収の歩留りや環境問題に関する数多くの利点を提供します。

  • 金鉱石のチオ硫酸塩洗脱には、環境に対する影響を低下させる大きな可能性があります。 チオ硫酸塩浸出過程で使われる化学物質は、高度に有毒なシアン化物とは違って、良性です。 この技術は、シアン化物の使用が完全に禁止されていたり、環境問題のためマイナスの評価の対象になるような管轄に、大きな可能性を提供します。
  • このプロセスでは、多くの場合、シアン浸出によって生成されるのとほとんど同じものが回収されることになります。 プレグロビング鉱石の影響を受けた回収操作の場合、シアン浸出より大幅に優れた回収率を実現することができます。 チオ硫酸塩洗脱は、特に最新式のレジンインパルプ(RIP)金回収技術に適しています 
  • チオ硫酸塩洗脱はアルカリ法(通常pH 8~10の範囲で操作される)なので、回収操作中の機器の腐食に対する懸念はありありません
  • チオ硫酸塩浸出過程の主な化学成分(チオ硫酸アンモニウムおよび硫酸アンモニウム)は、一般的な肥料です。 このことは、鉱山尾鉱溶液を、環境規制が有利な地域で農業に利用するさらなる可能性を開きます。

タイミング・プロジェクトの範囲・環境問題・財政的要件について議論したい方は、計画・プロセス開発の初期段階に、SGSにご相談ください。 SGSの技術専門家は、SGSのチオ硫酸塩浸出やシアン浸出技術のいずれかが、規制要件を満たしつつ、お客様に可能な限り最高の金歩留りを提供するかどうかを確認します。