Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

近年では、化石燃料からの排出物規制増加と原油価格の急速な高騰により、バイオ燃料をエネルギー源として使用することへの関心が高まっています。

SGSは、1990年代からこの新興技術の大手です。 弊社の熟達した信頼のある専門家が、世界各地にある完全装備の試験所で、フルレンジのバイオ燃料およびバイオマス試験サービスを提供します。

SGSは、バイオ燃料バリューチェインのあらゆる側面で貴社を支援する経験および専門技術があり、発電のための持続可能な優位性を提供できます。 弊社のバイオ燃料サービスには次のものが含まれます。

バイオ燃料試験サービス

SGSは、バイオ燃料について、次のものを含む幅広い試験サービスを提供します。

  • ウッド、ウッドチップおよびウッドペレット
  • 焙焼ウッド
  • 籾殻
  • 椰子の実ブリケット
  • オリーブペレットおよびパルプ
  • トウモロコシの茎および葉
  • 穀物マッシュ
  • バイオコール
  • サトウキビバガス
  • 家畜排泄物
  • 野菜屑

弊社では、ISO、ASTM、CENおよびNTA標準などの認識されたグローバル標準に従って正確で費用対効果の高い分析を実施します。 SGSのバイオ燃料試験施設では、ISO/IEC 17025で登録された特定の試験セットを実施します。 弊社の資格のある技術者が、最先端の計測器を操作して品質管理手順を実施するので、弊社は完全で正確であり、かつタイムリーな分析を提供できます。

弊社試験所のグローバルネットワークで実施されたバイオ燃料試験の結果は、貴社のバイオ燃料源の特徴把握、顧客仕様への合致、排出物規制への適合で役立ちます。

バイオ燃料試験サービス

港、ターミナルおよび出荷地点のSGSの検査員が、バイオマス出荷物の品質および数量を確認して、貴社の利益を代表します。 弊社のバイオ検査燃料サービスには次のものが含まれます。

  • 目視検査(搭載と降載前およびそれら作業中)
    目視検査の目的は、バイオ燃料貨物が良好な状態で搭載され、安全な輸送のために、きちんと積み荷されたことを確認することです。 こうすることで、バイオ燃料積み荷の最大価値を必ず維持できます。
  • 船倉検査
    SGSの目視検査では、船舶の船倉も検査され、損傷または汚染のリスクなしにバイオ燃料を輸送できる条件であることが確認されます。
  • 船舶の喫水検査
    信頼でき首尾一貫した貨物重量により、バルク貨物取引に関連する財務リスクを制限できます。 喫水検査は、大洋港口船舶に積み込む、または積み降ろす貨物の重量を判断するために使用します。 SGSの高い資格のある喫水検査員のグローバルネットワークは、定義された喫水検査プロトコルに基づいて作業して、積み込みおよび積み卸し地点で正確な貨物重量を測定します。

SGSは、貴社のバイオ燃料の専門家による試験および独立した検査により、持続可能エネルギーの利点を増強する作業を手助けします。 弊社に今すぐ連絡して、弊社が混焼発電需要で持続可能エネルギーの利点を創造する作業を手助けする方法をお尋ねください。