Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

エネルギー効率の措置により環境持続性に多大な貢献が行われる場合には、その短期的および長期的影響を実証するために実際の省エネの計測および確認が必要になります。

SGSは業界を超えてエネルギー効率の推進の最前線に立っており、この目的を達成するために省エネ措置および確認(M&V)を導入してきました。

弊社のM&Vサービスでは、省エネ結果の数量化において国際的に受容された標準となった、国際性能計測・検証議定書(IPMVP)を基盤として採用しております。 弊社のエネルギー効率の専門化がこの手法を、以下のものをカバーするより幅広いエネルギー効率の計測および確認プログラムの一環として用いています:

  • 参照データベースの編集
  • 基準値の確立
  • M&V計画の開発
  • 改造後のM&Vの実施
  • 省エネのモニタリングおよび修正
  • M&V報告書の作成
  • 長期省エネのモニタリング

環境に対する産業の影響を削減する国際的な取り組みに取り組むためにも、弊社のM&Vサービスではさまざまな部門の組織をつなぎ合わせて、さまざまなメリットを提供いたします:

  • 企業は省エネプログラムの効率に関するデータにアクセスできるようになり、将来のエネルギー管理および業務上の意思決定をサポートできるようになります。
  • エネルギーサービス企業(ESCOs)は公平で独立した証拠を、お客様との利益分配の基盤とすることができます。
  • 金融機関はM&Vデータを用いて、グリーン金融パッケージのリスクを査定できるようになります。
  • 政府は、エネルギー管理政策の作成においてより信頼でき幅広いデータベースを得ることになります。

貴社組織が企業エネルギー効率における最も重要な技術革新者のうちの一つであることを保証し、同時にSGSの省エネ計測および確認サービスの業務上のメリットを経験しましょう。