Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

地質冶金学は、鉱体の正味現在価値を最大化しながら、技術リスクや業務のリスクを最小化するために、地質学的・鉱山学的・冶金学的・環境的・経済的な情報を統合したものです。

地質冶金学の主な要素の一つに、鉱石特性評価があります。 これは、鉱物学的変動性や3Dブロックモデルによる鉱床の組織に関連しています。 鉱床の組織に関連しています。このデータはさらに、生産・設備投資・運用費の要件やコストに関連しています。 SGSは、このデータを利用して、フローシート・インフラストラクチャ設計・鉱山寿命全体の生産や品質の予測に鉱石変動性を反映させることを可能にしています。

SGSには、地質冶金学を援用して、企業が探査・鉱業固有のリスクを管理するのを支援してきた数十年の経験のがあります。 SGSは、従来別々に扱われてきた複数のデータを組み合わせることにより、設計・運用両フェーズにおけるより優れた意思決定を支援します。 SGSの地質冶金学的評価の利点には、以下のようなものがあります。

  • 工場長の四半期ごとの業績を予測する能力が向上する。
  • 鉱山寿命全体の設備投資や運用費を順序付けられるようになる。 
  • 価値や経済性に最適化された工場設計が可能になる。
  • 正味現在価値が最大化され、株価が上昇する。
  • 最適化された鉱山計画が、NPVの実現や利用できるキャッシュフローの予測を可能にする。
  • より確信のある予測が実現される - SGSの予測は保証付。
  • 透明性の高い第三者による評価による融資適格性の向上。

SGSは、地質冶金学のあらゆる面において世界を主導しています。 SGSはこのようなものがあります。

  • 10年以上の地質冶金学の経験。
  • 数百ものプロジェクトの完成。
  • SGSの半自生パワー指数(SPI)データベースの25,000の試料。
  • プロセスおよびシミュレーションの経験の比類のない深さ。
  • あらゆる大陸で利用できるサービス。 
  • 業界をリードする独立した第三者の試験サービス。
  • 従来のあらゆるモデリングツール、および、独自のプロプライエタリツールへのアクセス。
  • 探査から生産への統合化されたアプローチ。
  • 生産予測サービス  
  • 主な鉱業会社との、鉄鉱や銅などさまざまな鉱物の生産予測契約。
  • リスクを継続的に評価・軽減する能力。
  • 生産中の正確な調整能力。
  • 実証済みの測定・制御および調整・修正の能力。