Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

高懸念物質(SVHC)は、塗料、インク、接着剤などの混合物、または玩具、家具、織物、電気製品などの品目に含まれることがあります。

REACHでは、サプライチェーンのすべてのメンバーがSVHCに関する一部の措置を取る義務があります。

SGSでは、消費者向け製品のサプライチェーン管理とREACH SVHC試験に対する革新的なソリューションを提供し、REACH適合性の獲得と社内業務プロセスの向上を支援します。

高懸念物質とは?

高懸念物質は、ヒトの健康および環境に重大なリスクを引き起こします。 SVHCは下記の状態を引き起こす可能性があります。

  • 癌を引き起こす(発癌性)
  • 遺伝子突然変異を引き起こす(突然変異誘発性)
  • 生殖に有害
  • その他の有害な性質を有し、長期間環境に留まる(永続性)
  • 動物に徐々に蓄積される(生物濃縮)
  • 同様の懸念がある物質(例:環境ホルモン)

REACHは、認可および制限を通じてこうした物質の使用規制を目指しており、合理的な時間枠内でより安全な代替品または技術を使用するよう、製造者およびサプライヤーに義務を課しています。

お客様の義務について

品目:
EUのサプライヤーであり、製品に0.1% w/tを超えるSVHCが含まれている場合は、サプライチェーン全体にSVHC情報を伝える必要があります。 最低限、SVHCの名称を伝える必要があります。 消費者が求める場合は、45日以内にSVHC安全使用情報を提供する必要があります。

2011年6月までに、情報伝達の責任に加えて、EUの生産者および輸入業者は、項目の中のSVHCの合計量が年間1トンを超える場合は、欧州化学物質庁(ECHA)に通知する必要があります。 これは、さまざまな国やサプライヤーから多様な製品を輸入している小売業者にとっては問題です。

さらに製造者は、付録 XIVリストで認可を要するうSVHC物質数が増加しているという事実にも注目しなければなりません。 製造者が特定物質使用の認可を得ていない場合、認可SVHCの使用に関するREACH要件に適合するため、最新の適用例と規定される期日に注意する必要があります。

消費者向け混合物:
消費者向け混合物のEUサプライヤーの場合、混合物が0.1%以上のSVHCを含む場合、川下ユーザーまたは卸売業者の要請により、安全データシートの提出が必要になる場合があります。 この要件は、危険物質指令 1999/45/ECおよびCLP規制 1272/2008/ECに従った義務への追加です。

SVHC試験:
SVHCは、サプライチェーンおよび製造工程で意図的または不注意から消費者向け製品に取り込まれる可能性があります。 ラボラトリー試験により、SVHC物質の同定および濃縮に関する情報が提供され、企業がREACH SVHC義務を満たすことに役立ちます。

SGSでは以下のニーズに従ってSVHC試験を提供します。

  •  候補リスト:
    • 完全試験
    • 製品リスクに基づくスクリーニング
  • 認可リスト(REACH付属書類XIV)
  • 登録物質の情報の公開部分
  • 規制要件を満たすが、まだ候補リストに含まれていない予備登録物質

SGSが選ばれる理由。

SGSは、幅広い消費者向け製品およびサプライチェーンにおける経験を組み合わせて、REACHに関する比類ない専門知識とコンサルティングサービスを提供します。 弊社の産業別専門REACHチームが、消費者向け製品に適したソリューションを提供します。同チームは、危険物質分析、物質同定、サプライチェーン管理および毒物学の専門家などお技術専門家で構成されています。

SGSが世界的なREACHソリューションの最初の問い合わせ先になる理由をご覧ください。