Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

電気および電子機器における有害物質の使用に関する規制の増加により、製品が適合していることを証明する責任がメーカー、小売業者、供給業者に課せられます。

SGSの第三者RoHS試験によって、該当するEU RoHS指令への適合性を証明できます。

すべての新製品では、制限物質の濃度を管理する必要があります。制限物質には、鉛(Pb)、水銀(Hg)、カドミウム(Cd)、六価クロム(Cr)、多臭素化ビフェニル(PBB)、ポリ臭素化ジフェニルエーテル(PBDE)などがあります。

いずれの製品も均質素材の重量によるRoHS制限の0.1%または1,000ppm(カドミウムを除く。カドミウムは0.01%または100ppm)を超えないことを確認することが課題となります。 SGSは、試験のさまざまな手法を提供します。

非破壊分析

XRF(蛍光X線分析)を使用していくつかの非破壊分析法を提供します。

湿式化学分析

高レベルの制限物質が検出された場合、湿式化学分析を使用してさらに詳しい試験を実施することがあります。 この制限物質の試験方法では、正確な結果が提供され、XRFでの分析中に検出された異常を検証します。

蛍光X線スクリーニング(予備)試験

蛍光X線スクリーニングを使用すると、有害物質の存在と製品内の場所を迅速に示すことが可能です。 この試験方法は、最終製品を俯瞰するには特に適しています。

EUでは、RoHSは指令2002/95/ECによって管理されています。 これにより、すべての非適合製品が市場から除外されます。 類似した規制が、中国、日本、韓国、米国、ノルウェー、トルコなど、世界の他の地域にも存在します。 RoHS認証された世界26か所のラボラトリーと1,000人を超えるこの分野の専門家と共に、すべてのRoHS試験のニーズに対してSGSをご利用ください。

世界各国のRoHSの要求事項に、お客様の組織が適合できるよう、どのようにSGSが支援できるかについて、詳細をご覧ください。