Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

シリカは一般的なさまざまな材料や製品の中に存在するので、吸入性シリカの職業被曝は様々な業界や職業で発生します。 さまざまな健康被害の多くは、吸入性シリカの被曝に関係しています。

SGSには、職場の安全を監視してスタッフの健康を維持するために必要なシリカ解析を提供するための、専門知識・設備・経験があります。 

SGSでは、X線回折(XRD)を含む鉱物学的検査法を利用して、遊離シリカや吸入性シリカを判定します。 XRDは、鉱物を素早く同定して、試料の化学組成や結晶構造に関する詳しい情報を明らかにします。 XRDは、走査電子顕微鏡/エネルギー分散型分光計(SEM/EDS)や走査電子顕微鏡(QEMSCAN)による材料の定量的評価によって光学的に特定するのが難しい細粒相の特定に役立ちます。

遊離シリカ(アルファ石英)のXRD定量 - バルク試料

この試験では、バルク試料の分析が行われ、遊離シリカ(アルファ石英)の割合が報告されます。 遊離シリカ含有量は、試料の主な石英ピーク強度を、標準フッ化リチウム(LiF)混合物のピークと比較することにより、計算されます。

空気フィルターカートリッジ上の吸入性シリカ(遊離石英)

職場の吸入性シリカは、孔径0.5m x 25mmの銀メンブランフィルターに付着しています。 このフィルターは、呼吸マスクの空気フィルターカートリッジの中にあります。 SGSは、このメンブランフィルターをカートリッジから取り出して、XRD解析に提出します。 ピークの重なりによる誤差を防ぐため、大きな2つの石英回折ピークが測定されます。 存在する石英の量は、標準化された試料のピーク強度を、既知の標準ピーク強度と比較することによって計算されます。 測定品質を保証するために、標準校正が測定されます。

SGSの応用鉱物学者やプロセス鉱物学者のチームは、何年にも及ぶ特性評価の経験を持っています。 SGSには、素早く正確にシリカを定量して、包括的な品質管理計画を実施するために必要な専門知識と設備があります。 SGSの提携企業は、お客様の職場が健康的な場所であることを保証します。