Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

組織のウォーターフットプリント、または直接的、間接的に使用される水の量、そして水に与える影響は、ステークホルダー、消費者および多くの組織の関心事となっています。 このニーズに対し、ウォータープリントに関する新しいISO14046規格が、現在策定されています。 SGSによるウォーターフットプリント検証を通じて、水の使用管理に対する取り組みを実証することができます。

水の使用に関する国際的な規格としては、ISO14046が初めての国際規格となります。 組織はこれまで、環境レポート等のための水使用に関連したデータを取得する際に、様々な技術を適用してきました。 ISO14046には、マネジメントシステムやベストプラクティスに加え、水使用量の測定に関する一貫したツールも含まれる予定です。

SGSによるウォーターフットプリント検証には、水の使用およびマネジメントシステムに関する包括的な分析が含まれます。 SGSは、報告された内容に対する完全性、一貫性、透明性、正確性を保証し、検証ステートメントを発行いたします。 SGSのウォーターフットプリント検証によって、世界的な評価を得ることができます。 SGSの検証人は、カーボンフットプリントをはじめとする、様々な経験を有しています。 なお、ISO14064が発行された際には、ISO14064に照らした検証も行う予定です。

SGSのウォーターフットプリント検証により、貴社が算定したウォーターフットプリントおよびその算定プロセスの正確性を実証することができ、信頼性が向上します。 ウォーターフットプリント検証の詳細については、お気軽にお問い合わせください。