Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

このトレーニングでは、医薬品専門の倉庫および流通プロセスに対する品質システムを受講者に提供します。

GDPは、組織がその顧客および製薬業過へのサービスのあらゆる側面において品質に取り組んでいることを実証します。

GDPトレーニングでは、移動または保管時の医薬品製品の安全性を保証する製薬業界向けの適正流通規範(GDP)と、その役割について紹介します。 GDP要件への遵守は、医薬品メーカー向けとして、組織が高品質の製品を納品できることの証明です。その結果、ヘルスケアサプライチェーンの重要なパートナーとして医療分野で事業を行えます。

GDPの法規制ガイダンスが、医薬品製品のメーカーに大きな影響を与えます。 このトレーニングでは、医薬品製造業界に対応するGDPのガイダンスと経験を共有して議論するための機会を受講者に提供します。

トレーニングは、原料の製造者から医薬品完成品の製造者まで、人間の医薬品に対する医薬品製品サプライチェーンに対処しており、特に倉庫保管と流通プロセスに重点を置いています。

このトレーニングで取り扱う主題には下記の内容が含まれています。

  • 温度マッピングおよび物流準備
  • コールドチェーン管理
  • 再パッケージング、再ラベリング、臨床試験資材管理
  • 品質管理システム、リスク評価、共通する問題

トレーニング参加者の末尾に次のことを習得できます。

  • 組織内の品質体制にそれらの貢献がどの様に適合するかの理解
  • さまざまな部門が、職能上の枠を越えた責務として医薬品製品の品質、安全性、有効性を提示するために協力してどの様に機能するかを理解する
  • 適正製造規範(GMP)/適正流通規範(GDP)ルールを監視する理由の理解、および特にGDPに対する前向きな姿勢の育成

トレーニングは、講義とワークショップ演習で構成されています。

適正流通規範トレーニングの詳細について、今すぐSGSにお問い合わせください。