Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSのワクチン試験サービス – 貴社のワクチン製品にウイルス汚染物質が混入していないことを証明する正確な結果を提供します。

ワクチン開発プロセスでは、生物出発原料、哺乳類細胞、さらにウイルスシード製剤に汚染ウイルスが混入していないことを確実にする強力な安全性試験戦略が必要です。 マスターセルバンク試験やウイルス中和アッセイを含む当社の試験サービスは、貴社のワクチン製品が安全に使用できることを証明する正確な試験結果を提供することができます。

SGSのワクチン試験サービスを選ぶ理由

サービス内容:

  • 貴社のワクチン製品にウイルス汚染物質が混入していないことを証明する正確な結果を提供する
  • 試験前に製品を中和するなど、製品の精製ステップや因子を制限する
  • カスタマイズされた中和反応と抗血清を使った事前研究により、生ウイルス製剤を試験する
  • 厳しい業界基準に適合する 当社が実施する試験は、食品医薬品局 (FDA) の2010年業界ガイダンス、ヨーロッパ薬局方 (Ph. Eur.) 2.6.16、日米EU医薬品規制調和国際会議(ICH) Q5Aに準拠しています。

世界トップのプロバイダーによる、生体ワクチン試験サービス

大手試験プロバイダーである当社は、様々なワクチン細胞基材やウイルスの試験において豊富な実績を誇ります。これには、アデノウイルス、インフルエンザ、バキュロウイルス、ヘルペスウイルス、西ナイルウイルス(WNV)、ロタウイルス、呼吸器合胞体ウイルス(RSV)ポリオ、腫瘍溶解性生ウイルスが含まれます。

当社のサービスには以下が含まれます。

  • マスターセルバンク(MCB)、ワーキングセルバンク(WCB)、製造終了後セルバンク(EOPCB)、対照細胞試験
  • マスターウイルスシードストック (MVSS)およびワーキングウイルスシードストック (WVSS)試験
  • バルク試験と最終製品試験
  • 発がん性試験と腫瘍試験
  • ウイルス中和アッセイ
  • カスタムアッセイ開発とバリデーション

ワクチン試験サービスについての詳細は、今すぐ当社までお問い合わせください。