Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

世界各国の生命科学企業は、ペプチド質量フィンガープリント法に関してSGSを信頼しています。

質量分光分析によるペプチドマッピングサービスにより、販売申請を支援してクライアントがICH Q6Bガイドラインに適合できるように支援します。 ペプチドマッピングは、バッチ間の品質管理において、創薬および製造工程を通して使用できます。個別のタンパク質の固有「フィンガープリント」を作成し、論理的に遺伝子生成されたアミノ酸配列と比較します。

弊社のエキスパートは、1980年代に高速原子衝撃質量分析(FAB-MS)を使用するペプチドマッピングの開発に携わっていました。 そのため、誰にも劣らない知識とスキルがあります。 使用するタンパク質同定工程には以下の内容が含まれています。

  • 酸素法または化学的手法を使用したタンパク分子の寸断
  • オンラインLC-MSを使用して結果として生じたペプチド混合物の分析

タンパク質分析で使用可能な重要なツールの1つであるペプチドマッピングには、下記の用途もあります。

  • ジスルフィド架橋評価 
  • N末端およびC末端配列の確認(MS/MS配列に追加して)
  • 糖鎖付加またはリン酸化反応など、転写後修飾の部位のスクリーニングおよび同定
  • それに続くMS/MSまたはガス位相順位分析に対する信号選択の指導

弊社は、上位20社の製薬会社を含む広範な生命科学ビジネスで国際的に業務を行っています。 そのため、タンパク質フィンガープリントソリューションで事業を行う理想的なパートナーとなります。

(糖)タンパク質分析を支援する方法の詳細について、今すぐSGSにお問い合わせください。