Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

アミノ酸分析は、薬品発見および製造工程のすべての段階で重要なツールであり、薬品バッチの間の首尾一貫性を保証するために使用されます。 これは、新しい市場適用を支援するICH Q6B指針の重要部分でもあります。 そのため、分析をアウトソーシングするとき、安全で経験ある作業者に作業させることが重要です。

アミノ酸分析は次の用途に使用できます。

  • タンパク質濃度計算および特徴判定
  • 吸光率の決定
  • システイン、トリプトファン、ヒドロキシプロリンを含む総アミノ酸
  • アスパラギンおよびグルタミンを含む遊離アミノ酸

弊社の専門家は次の作業を実施します。

  • 逆相高性能クロマトグラフィー(RP-HPLC)を使用して、光学濃度測定を実施し、ペプチドまたはタンパク質成分およびモル比を分析します。
  • この過程を紫外線分光測定法と組み合わせて、吸光率を判断します。

には、グリコール(タンパク質)分析で世界クラスの専門技術があります。 弊社は、品質および完全性でグローバルベンチマークとして認識されており、弊社のすべての顧客にクラスで最高のサービスを提供することを約束しています。

今すぐSGSに連絡して、貴社のアミノ酸分析を弊社が支援する方法をお尋ねください。