Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSによる翻訳後修飾(PTM)分析 – 広範な同時翻訳修飾および翻訳後修飾を分析

オリゴヌクレオチドのメッセージをアミノ酸配列に翻訳している間に、またはその後で、多数の修飾イベントが生じ、タンパク質を活性化して、その機能が実行されるようにします。修飾には、ジスルフィドブリッジの形成、シグナルペプチドの分裂、および共有原子価修飾が含まれます。これらの変更は遺伝子配列からは予測できません。従って、これらの修飾を検出するために、発現されたタンパク質生成物を研究することが重要になります。

弊社は、広範な同時翻訳修飾および翻訳後修飾を検出して識別するために、質量分光分析(MS)とMSペプチドマッピングをベースにした数多くの戦略を提供しています。

SGSによる翻訳後修飾分析の利点

サービス内容:

  • MSおよびMSペプチドマッピングに基づいた広範な戦略にアクセス
  • 生物医薬品に対して、アセチル化、リン酸化、硫酸化、そしてグリコシル化など、広範な同時翻訳修飾および翻訳後修飾を検出して識別

大手プロバイダーによる信頼された翻訳後修飾分析

世界を代表する翻訳後修飾分析のプロバイダーとして、弊社は経験、技術、そして規制に関する専門性を使って、お客様が必要とされるユニークなグローバルネットワークを提供します。

翻訳後修飾分析サービスについての詳細は、今すぐ弊社までお問い合わせください。