Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSによるシアリン酸分析 – 生物医薬品におけるシアリン酸の種を識別して定量化するのを支援する強力な技術。

糖タンパク質と炭水化物の効率的な分析は、薬品開発のプロセスのすべての段階において不可欠なものです。弊社のシアリン酸分析は、生物医薬品中に存在するシアリン酸の種の同一性と量を測定するのに役立ちます。シアリン酸の成分が血中半減期に影響を及ぼす可能性があるため、これは重要な分析です。

SGSのシアリン酸分析の利点

弊社は、シアリン酸決定や、アリン酸定量化、Nアセチルノイラミン酸(NeuAc)およびNグリコリルノイラミン酸(NeuGc)試験などの広範な技術により、以下の実現を支援します。

  • 製品のグリコシル化のより詳細な分析の前に、初期段階の調査を実行
  • NeuAcやNeuGcなどのシアリン酸の種を決定して定量化
  • さまざまな細胞株を使用して製造されたグリコプロテインのスクリーニング
  • 製造プロセスの間、リリースされるバッチ間の一貫性を表示
  • 新しいマーケティングアプリケーションの生物医薬品の特性化と確認に関する、日米EU医薬品規制調和国際会議(ICH)Q6Bの要件を満たしています。

大手プロバイダーによる信頼されたシアリン酸分析

世界を代表するシアリン酸分析のプロバイダーとして、弊社は経験、技術、そして規制に関する専門性を使って、お客様が必要とされるユニークなグローバルネットワークを提供します。

この分析は、高性能陰イオン交換クロマトグラフィー(HPAEC-PAD)を使って行われます。

弊社のシアリン酸分析について詳細ご説明しますのでご連絡ください。