Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

多くの管轄では、鉱山尾鉱や製錬所粉塵その他の工業用ヒ素の処分は、厳密に規制されています。

SGSは、革新的なヒ素管理ソリューションを提供して、お客様の規制に対するコンプライアンスを保証し、社会や環境に対する影響を改善しています。 ヒ素は、多くの場合、売却可能な副産物に加工できます。

SGS湿式精錬の専門家は、ヒ素安定化フローシートを開発し、SGSの完全装備の最新式の設備で実施されるパイロットプラントでその実地試験を行います。 ヒ素化合物は通常、圧力酸化によって除去・阻止・リサイクル・解毒・固定することができ、SGSではそのためのさまざまな方法を提供しています。 処理済みのヒ素は安全であり、尾鉱に戻すことも売却することもできます。

SGSのヒ素回収・管理技術には、以下のようなものがあります。

市場性の高い化合物の回収

  • 売却可能な純粋なヒ酸ナトリウムやヒ酸銅の浮選・再浸出・沈殿・結晶化による、不純な化合物からのヒ素鉱物の選択的除去  
  • 焙焼や沈殿による純粋なヒ素化合物の揮発 

リサイクル

  • ヒ素を含む材料の除染
  • 処理中のヒ素の挙動の調査
  • 工程中の安定化や濃度のための危険なヒ素材料の選択

圧力酸化による固定

  • 安定した結晶性スコロダイトや砒酸第二鉄沈殿物を生成する圧力浸出・常圧浸出技術。 可能なフィードとしては、製錬所煤塵・精銅所ブリード溶液・難溶性金鉱石・Co-Ni-Znヒ化物鉱石があります

鉱物特性および分析

  • ヒ素鉱物相化学種同定、結晶化度、粒度、鉱物化学
  • 固体鉱石やテスト製品中のヒ素の挙動
  • ヒ素鉱物の会合・連晶組織
  • 統合化されたXRD、QEMSCAN、光学顕微鏡検査、走査型電子顕微鏡、電子顕微分析を使って行われる調査

SGSの冶金学・鉱物学業務に関する専門知識や機器、何年にも及ぶ経験にお任せください。 SGSのヒ素管理技術は、鉱山・製錬所・産業用地の収益性の高い持続可能な作業や規制に対するコンプライアンスを保証します。