Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの経験豊富な冶金学専門家が、環境的に持続可能な金属および鉱物抽出回路の信頼できるフローシートを開発します。 こうしたフローシートは、パイロットプラントによりSGSの試験所でデモンストレーションを行い確認できます。

これらのプログラムは、技術リスクを緩和する重要な方法であり、鉱業、技術および金融コミュニティから国際的に認められています。

パイロットプラント試験は、ベンチで開発したフローシートに実現性があることを示し確認するために使用されます。 SGSのパイロットプラントは、統合された方式で運営することが独特です。すべてのユニット運営は、一般に濃縮物またはLME等級金属の生成が可能な、連続的なフィードまた製品を生産するために動作します。 ブリードストリームおよび不純物蓄積も確認されます。 パイロットプラントは、さまざまなスケールで実施されますが、一般に< 100 kg/hrから> 1 tonne/hrの範囲です。

新規プロジェクトの場合は、パイロット運用により、運営の実現性、「コンセプトの証明」、および期待できる最終製品の製品市場サンプルが示されるため、技術的リスクを減少できます。 パイロット運用では、フルスケールのプラントを設計するときに使用する冶金学的データも作成するために、設計および資本上のリスクを減少できます。

既存の運営も、パイロット規模でシミュレーション可能であり、新型の装置または技術を評価し、異なる鉱石タイプの影響を評価し、また主工場の生産を中断せずに問題解決ができます。

弊社の専門家には、次の幅広いパイロットプラント活動活動を実施する専門技術があります。

  • 利害関係者への運用実現性の提示
  • バルク試料調整
  • ミニバルク・重選機プラント運用

パイロット試験で実施可能な一般的な活動には次のものがあります。

  • フローシートの可視性を確立。 これは、新規または特殊な技術を使用する複雑な鉱床の場合や、ハイリスクエリアにあるプロジェクトの場合、特に重要です。  
  • 連続し統合された運営を利害関係者にデモンストレーション
  • 地域の給水への影響を評価
  • 水バランスを開発
  • 鉱石可変性の影響を定量化
  • 専門化された試験(たとえば環境評価)で副産物を生産
  • 市場評価用のバルクサンプルを生成
  • 重要な選鉱工場スタッフのトレーニング

パイロット試験は次の作業のための最良の方法です。

  • 冶金学フローシートの重要部分を証明
  • 新型装置または技術の実用性を確立
  • 環境要件を満たす能力を検証
  • 技術、環境、運営および商業的リスクを最小化

パイロットプラントは、しっかりと計画し正しく運営することで、貴社プロジェクトの冶金学的成功に重要な影響を持ち得ます。 SGSは、効果的なパイロットプラントを提供するために必要な、現場分析、鉱物学および取り引き支援を含めて、複雑で統合されたインフラ、経験豊富な専門家、包括的な装置類を有しています。 SGSとのパートナーシップにより、冶金学的反応および回収にさらに自信を持つことができます。