Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは、さまざまな鉱物試験から正確かつ信用できる結果を提供することに関して最先端を行く企業です。

この中には、必要に応じて、ピクノメーターや水・空気法やワックス法を使って、岩石・鉱石・骨材の比重(SG)やかさ密度(BD)を定量することも含まれます。 このような試験は、SGSの研究所の多くで定期的に実施されています。 SGSの独立したSG・BD試験の結果は、世界中で認められており、さまざまな国内・国際規格に準拠しています。 

このような比較的単純な試験からの質的・量的な結果は、採掘・工業・建築作業の成功に不可欠な情報を提供します。 これらの試験から生成されるデータは、以下を実現します。

  • 処理を複雑にする可能性のある価値ある金属その他の元素を含む試料の鉱物組成の厳密かつ正確な同定
  • 特定の鉱石に最も効果的な処理方法のサポート
  • 選鉱設備の適切なサイジング   
  • 輸送・保管コストを計算するために必要な鉱石の正確な重量

比重は、物質の水との相対密度です。 岩石は複数の別個の鉱物相で構成されるため、固定した比重がありません。 代わりに、岩石の「バルク濃度」が、試料内の全鉱物の割合をそれぞれの比重でかけ算した結果として用いられます。 SGSは、QEMSCAN®を使用して鉱物相を特定する作業を含めて、これらのパラメータを判断する広範囲の経験があります。 

SGSの専門家は、試料の比重やかさ密度を同定するために、慎重に管理された実験室条件の下で働いています。 SGSのSG・BD試験手順には業界標準のピクノメーターが含まれ、必要があれば水・空気法やワックス法も含まれます。

SGSでは、鉱物工業に物理試験サービス一式を提供しています。 SGSの比重・かさ密度試験は、選鉱作業の計画・設計に必要な重要な情報を提供します。