Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

資産能力管理(APM)二より、物理的資産の最適運営が可能となり、最小コストで最大利益を実現できます。 APMの目標は次の通りです。

  • 資産健全性、企業の安定性および能力考慮事項の継続的な(プリエンプティブな)監視。
  • 問題事象の早期検出。
  • ジャストインタイムでプロアクティブに是正処置を適用することで、問題解決の時間およびコストを削減
  • 持続性の工場問題を信頼性を持って識別し、資本/時間投資決定を支援。

インテリジェントアセット能力管理により、高度なシステムおよび技術を活用して、APMプロセスの自動化およびサポートを支援。 SGSの資産健全性、効果および診断(AHEAD)は、インテリジェントAPMのプラットフォームです。 AHEADは、次の工場レベルの特定の業界ニーズに対処します。

  • ビジネスおよび工程の複雑性増大 - 工程を効果的に運営し問題解決を行うために高いスキルレベルが必要となり、分析に時間がかかります。
  • 運営およびHSEの考慮事項 - AHEADは、必要な維持管理を最小化し、危険な環境への人員曝露を制限します。
  • 特に遠隔地で起こる、経験あるスタッフを見つけて保有する困難 - AHEADにより、より薄いスタッフレベルで運営できるようになります。

AHEADは、先進の工程状態監視システムを提供し、継続的、プリエンプティブに工場資産能力をインテリジェントに分析および評価できるようにします。 総合的で効果的なツールであるAHEADは、より良い資産活用製品品質の最適化および運営コスト削減という究極的目標のある、優秀運営標準を達成し適合性を測る作業の助けとなります。 AHEADは、最適資産(装置、工程および管理者)能力を次の方法で達成します。

  • 資産健全性の継続的および首尾一貫した監視 
  • 装置または工程の運営や効率性に影響を及ぼす可能性のある、既存または発生しつつある問題の検出
  • 検出された問題の根本原因の診断
  • Webベースの表示および要約レポートによるタイムリーで問題中心の助言作成
  • 特定された問題の影響および持続期間を最小にするために運営人員を支援
  • 主要工程知識の保持を助けることで、従業員入れ替わりの影響を緩和

AHEADは工程監視および問題解決タスクを信頼性を持って自動化し、希望の能力ターゲット(主要能力指標、KPI)からの逸脱を首尾一貫してすばやく検出します それから、システムが逸脱などの原因を診断し、工程をすばやく通常運営に戻すために適切な行動を勧告します。

AHEADのユニークな強さの1つは、帰納法(工程または資産専門家による問題解決理由付けのモデリング)に基づく完全自動化された根本原因分析(RCA)機能です。 この方法により、大規模システムでのリアルタイムの障害管理の枠組が提供され、また操作員が「警告の洪水」や負荷増加から保護されます。

AHEADは、工場組織内で首尾一貫し反復可能な方法で簡潔でターゲットを絞ったコミュニケーションを提供します。 AHEADがスタッフの能力管理文化に統合された運営サイトでは、SGSのアプローチにより運営規範により密接に従うことが可能になり、ユニット運営での能力管理の標準化が助けられ、究極的には運営損失事象の影響を削減または根絶できます。

AHEADは、さらに統合制御センターで役割を果たすことができます。ここでは、中央に位置する専門家および操作員が地理的に分散した、時には遠隔の複数の運営サイトを管理します。 複数のサイトから送られる多数のデータおよび事象を統合することは、コントロールセンタースタッフが急速に圧倒されるおそれがありますが、優先度を付けた問題リストに反応し、すばやく各問題の原因を特定するこは、センターおよび各サイトの効果的運営に最高度の重要性があります。  

SGSを信頼することで、コストを抑制して、リスクを削減し、価値を高めるための質の高いインテリジェントな資産管理ソリューションが提供されます。