Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは酸性岩排水 (ARD、酸性鉱山排水としても知られている)の試験の分野において世界を技術的にリードしており、酸が発生する可能性のあるプロジェクトへの対処に関しては世界各地で長年の実績を有しております。

弊社は、酸性岩排水試験を本当に理解している組織としての名声を獲得しております。

酸を発生させる可能性のある鉱石の特定は、ARD管理および長期的環境責任の回避において欠かせない要素です。 SGSは浸出物質、固体物および排水の包括的なラボ分析を提供いたします。 弊社はARDを緩和する必要を理解しており、以下の標準ARD試験を含む幅広い分析を貴社に提供いたします:

  • 標準ASTM湿潤セル試験
  • 静的総酸生産(NAG)手順
  • 修正済酸塩基計算(ABA)
  • US EPA 1311 毒性特性ろ過手順(TCLP)
  • US EPA 1312合成沈殿浸出手順
  • 酸を発生させたり、中和してミネラル相の鉱物を特定

SGSは、試験プログラムの成功のカギが適切なサンプリング技術であることを理解しております。 SGSのサンプリングおよびラボ分析は全て、米国材料試験協会(ASTM)および国際標準化機構(ISO)といった、著名な世界的基準に従って実施しております。 弊社の有資格従業員がラボにて、最新の機材および業界最高の実践により検査を実施します。 

環境鉱物学

SGSは岩石、鉱石および選鉱滓の鉱山測定の特性を完全に把握して、酸を発生あるいは中和させる可能性を判断します。 このような特徴から、酸を発生する鉱物(例:黄鉄鉱、白鉄鉱、磁硫鉄鉱)および酸を中和させる鉱山(例: 方解石、白雲石)の量が特定できます。 これら鉱物の割合およびその封鎖/開放特性により、サンプル全体で酸を発生するかどうかが明らかになり、環境計画、閉鎖計画および環境復旧を支援するデータが提供できます。 このような基礎データはその後、プロジェクト費用の見積もりにも使われます。

採掘における初期の探査段階にある場合も、採掘中の予防段階にある場合も、あるいは閉山中のより進んだ復旧においてもSGSは、貴社に信頼いただける技術パートナーです。 弊社は、貴社の環境問題の克服をお手伝いする品質試験とデータの提供により、卓越した評価を得ています。 弊社との業務により、能率的かつ環境に責任を持つ形でARDの試験ニーズが確実に満たされます。