Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの安全性評価サービスは、EU玩具安全性指令へのコンプライアンス遵守を支援します。

EU玩具安全性指令 2009/48/ECの第18条は、市場で販売される全ての玩具に対して、製造者に安全性評価の実施を義務付けています。 玩具の評価・試験で長年の実績を誇る弊社では、専門家が法的基準、自主基準、さらにお客様の特殊要件をレビューします。 予測可能でありながら意図されない使用を含め、ユーザーの視点から全ての玩具を評価することは、主な安全性の懸念を特定し、玩具の信頼性を高めるのに役立ちます。

弊社の玩具安全性評価の専門家は、下記の内容を検討します:

  • データ分析 – リコール、ケガ、ユーザーの苦情情報などによる、設計や製造における過去の失敗事例から対策を学びます
  • 意図する使用分析 – 意図する使用に影響する要素を含め、どのように子供が製品を使用するかを評価します
    • 誘引性 – 対象年齢が表記されていても、玩具には対象年齢よりも小さい子供を引き付ける可能性のある要素があります
    • 消費者への注意事項 – 子供に製品を与える際、保護者がどのような注意をするべきかを記載します
    • 耐久性 – 製品がどれだけ長く抵抗できるかを示す性能
    • 表示 – 表示を読まない人もいるので、内容を短く明確に記載しなければなりません
    • 子供の発達や探求の方法は、年齢により異なりますが、子供は玩具を口や耳に入れることがあるので注意が必要です。
  • 危険同定と分析 – 玩具が基準を満たす可能性があるか、また以下の危険要因を含め、潜在的にどのように子供がケガをするかを評価します:窒息、首を絞める、溺れる、運動エネルギー(衝撃、落下、爆発)、指や手を挟む、溺れる、体の一部を刺す、取り込まれる

安全性評価が終わると、重大・主要・軽微に分類された懸念事項ならびに対策のための推奨事項を記載した詳しい報告書が貴社のもとに送られます。 リスクを最小限に抑え、消費者保護を高めるために、弊社は設計改善のコンサルティングを行います。 弊社の専門家が、お客様に助言やアドバイスをいたします。 製造者はさらに改善を図るために推奨事項を実装することができます。 また弊社の安全性評価報告書は、玩具の技術文書の追加要件の一部を満たします。

SGSの玩具安全性評価サービスは、潜在的な危険から子どもを守るのに役立ちます。 玩具安全性の検証については、弊社までお問い合わせください。