Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSの試験サービスはEN 71-1とEN 71-2に基づいて行われ、EU玩具安全性指令 2009/48/ECの特別な物理的および可燃性要件への適合を保証します。

設計段階できちんと監督された玩具であれば、子供は安心して遊ぶことができます。 小さな部品の飲み込み、指を挟む/刺す、閉じ込められるなど、だれも命やケガのリスクのある不適切な玩具を子供に与えたくありません。 物理試験および可燃性試験の目的は、ケガの発生を防ぎ、リコール件数を最小限に抑えることです。

EN 71-1 – 機械的および物理的性質 玩具に対する特別要件と試験方法 下記の試験を行い、危険な鋭角部分、鋭くとがった先や小さな部品、その他潜在的な危険要因がないことを確認します。

  • 構造解析
  • 強度、安定性
  • 危険な鋭角部分、鋭くとがった先
  • 小さな部品
  • 騒音・ノイズ
  • 衝撃試験
  • 圧縮試験
  • トルクおよび引張試験
  • 継ぎ目試験
  • 性能試験
  • 動的強度試験

EN 71-2 – 可燃性 全ての玩具で使用が禁止されている、可燃性材質のカテゴリーが定義されています。 この基準は、火傷による危険性を減らすことを主な目的としています。 この基準には、全ての玩具に関する一般要件と特別要件の両方、さらに最大の危険性があると考えられる下記の玩具試験方法が含まれています:

  • 顔に付けたり、頭にかぶったりする玩具(あごひげ、口ひげ、カツラ、マスク、頭巾、髪飾りなど)。ただしパーティー用クラッカーのおまけの紙製ハットは除く。
  • 衣装や子供が身に付けて遊ぶ玩具
  • 子供が入って遊ぶ玩具
  • ソフトトイ

試験では、燃え広がる速さまたは最高「残炎時間」を検査します。 この測定値を使って、子供が重傷を追う前に玩具を手放す/玩具から離れることができる事を確認します。

EN 71-1およびEN 71-2を満たすことは重要ですが、この他にもEN基準や要件も満たさなければなりません。 弊社は世界中に玩具試験ラボを設置しているため、玩具安全性指令で要求される全ての試験を迅速かつ効率的に実施し、玩具の市場導入までの期間を短縮することができます。

規制に関する専門知識

基準や規制は頻繁に更新されることから、適合が難しいとされています。しかし弊社の技術チームは最新情報にも精通しています。 弊社は専門知識を活用して、貴社の事業をサポートいたします。

危険性を排除し、子供の安全と貴社のブランドを守ります。 SGSをぜひパートナーとしてお選びください。EU玩具安全性指令の試験要件への適合をサポートいたします。