Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

サンドイッチを包むバッグの安全性は、どうすれば判るでしょうか? 接触する製品によって食材が汚染されていないことを確認するために、食料接触素材試験が世界的に用いられています。

SGSでは食料包装試験および接触素材試験を実施して、貴社製品が食料接触素材向けの適切な規制を遵守していることを確証いたします。

製造者パッケージから陶器、刃物類、ガラス製品、陶磁器および貯蔵容器に至るまで、食物と接触する素材は全て、食料との接触において安全性の試験をする必要があります。 これらの構成物質が、許容量を超えて食品に入り込んではなりません。 食料接触試験では、消費者の健康を守ります。

弊社の食料接触素材試験は、世界中でご利用になれます。 弊社の実験所は、EU,米国、日本および中国を含む地域においての接触規制に対して試験を実施いたします。 食料等級包装および接触素材は、以下の形で規制されています:

  • EUでは:
    • 全素材 – 枠組み規制 (EC) 番号1935/2004
    • 陶磁器 –指令84/500/EEC、指令2005/31/ECで修正
    • 再生セルロースフィルム –指令2007/42/EC
    • プラスチック –欧州委員会規則 (EU) No 10/2011、食品と接触することを意図するプラスチック素材及び製品に関する規則。
    • ニトロソアミン – 指令93/11/EEC
    • BADGE、BFDGEおよびNOGEプラスチック – 委員会規制 (EC) 1895/2005

  • 米国では:
    • 食料接触素材に関する米国の法規制は、食料医薬品局(FDA)により制御されています。
    • カリフォルニア州においては陶磁器およびガラス素材は、カリフォルニア州プロポジション65の影響を受けます。

  • 中国での素材は、中華人民共和国食料安全法の要件を満たす必要があります。

  • 日本での素材は、食料衛生法第3章で規定されています。

EU内で弊社は、ドイツ、フランスおよびイタリアといったEU加盟各国で食品接触試験を実施しております。

弊社は、食品との接触を意図したプラスチックおよび非プラスチック製品に対して、分析試験およびコンサルティング業務においての専門知識を提供しております。

最新の試験装置および施設を持つSGSに連絡して、食料接触試験専門家のアドバイス、本当のグローバルサービスを手に入れましょう。