Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSでは可視性の高い衣服の試験を行い、関連基準への遵守およびお客様製品の安全性を確保します。

SGSは、可視性の高い衣服および対人保護デバイス(PPE)で使用される蛍光性バックグランド素材および逆反射素材を試験します。 SGSの逆反射試験およびその他の検査は、以下のものを含む国内外の基準に従って実施されます:

  • ANSI/SEA 107 – 米国規格協会および国際安全デバイス協会が開発した、可視性の高い安全衣料向けの米国標準規格
  • EN 471 – 欧州指令89/686/EECの下で可視性の高い警戒服(サービス用に着用)

上記のような規制では、PPEが遵守する必要のある基本的な安全性要件が規定されますが、この中には 蛍光素材の使用および逆反射素材の仕様が含まれます。

逆反射は来た方向から反対の方向に戻る光線のことで、これは特別形状の光学ユニットに関連する素材に導入することで達成できます。 これら逆反射素材は安全ベストおよびジャケットなどの衣服に組み込み可能です。 逆反射素材の性能は、特定の入射および観察角度における逆反射の係数を計測することで決定されます。

SGSは、どれだけの表面積が背景素材、逆反射素材および結合した機能素材で構成されているかという観点から、衣服アイテムのデザインを評価します。 SGSはまた、逆反射素材に対する最小限の要件、そして適切な場合にはバンドの数およびデザインに関しても査定します。

さらに、背景(蛍光)素材に関してもSGSは、単位面積当たり表面からの色度(明るさに関係なく色の質)および輝度(一定の方向に向けて放出された光の強度)を試験します。

SGSのPPE試験によって関連基準の遵守を確保し、従業員および消費者を保護してサービスリスクを削減する方法については、SGSに今すぐお問合せください。