Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

SGSは高性能繊維および機能的衣料品の製造を支援するさまざまな試験を実施します。

弊社の熟練したラボ技術者は、最新の技術と機器を使用して、事業を成長させるために、織物および完成品の品質を向上させる結果を出します。

この分野での専門知識のおかげで、抗菌性試験、紫外線防護試験、または機能的な性能に関するその他の調査を正確に実施できます。

抗菌性試験

機能的性能は、鮮度、快適さ、および衛生要因によって決まるため、これらの要因は織物に行われる抗菌処置(抗臭システムを含む)において弊社の試験を実証します。

業界標準への試験において、定性的および定量的手法を試料に適用できます。米国繊維化学技術・染色技術協会(AATCC)、日本工業規格(JIS)など、業界標準への試験において、次の両方の場合で定性的および定量的手法を試料に適用できます。

  • 定性的試験基準: AATCC 147; EN ISO 20645
  • 定量的試験基準: JIS L 1902; AATCC 100

抗菌作用の存在を評価するために審査手続きとして定性的アプローチを使用し、また、より綿密な研究のためには定量的方法論を使用します。 このような付加的レベルの詳細を取得するには、対照試料と比較して静菌性の値に関して、試料を評価します。

紫外線防護試験

太陽の過度の照射の危険性について社会の認識が高まるにつれて、繊維工業の一部の部門では紫外線(UV)防護服の開発で対応しました。 ベビー服および子供の水着が当初はこの隙間市場を占めていましたが、UV織物製造業者は、現在では、機能的でおしゃれでもある軽量で通気性のある大人用衣料品を製造しています。

紫外線防護織物や衣類を製造している場合、弊社の厳密な試験により、生産の品質を向上し、商業的目的を達成すお手伝いができます。 たとえば、弊社の試験は世界の基準期間から認められているため、その結果をマーケティングクレームを支援する科学的証明として使用できます。

国際的な基準に従って機能的処置を試験し、織物の品質と性能を向上する結果を提供する方法の詳細について、今すぐSGSにお問い合わせください。