Skip to Menu Skip to Search お問合せ China ウェブサイト & 言語 Skip to Content

合同アパレル協会フォーラム(JAAF)の傘下で、スリランカのアパレル産業の衣服および繊維の製造者は、倫理的労働条件への取り組みにより罪なき衣類認証が適用されることの実証に躍起になっています。

この取り組みにより認証を受けた企業は、責任を負った企業として自社をPRして、同国の労働条件に関して国外のバイヤーを安心させる権利を獲得します。 これによりJAAFは会員企業の社会的責任を実証し、業界の一般的イメージを改善し、消費者を安心させます。

憲章では、工場に対する以下の要求事項が含まれています:

  • 児童労働を含まないこと
  • 強制労働を含まないこと
  • 差別がないこと
  • 労働搾取の慣行がないこと
    • 法律の規定内で労働時間の制限を提供していること
    • 結社の自由を労働者に確保していること
    • 労働者全員が法的に要求された賃金および手当てを受領するよう要求すること
    • 職場が安全で、これら問題の管理に対して特別な要件があることを保証すること
  • 責任のある環境実践を行っていること

JAAFが指定した独立第三者企業SGSスリランカによる監査を通じて、認証を達成していること コンプライアンスを達成するには企業は、検証の主要要件を管理するためのシステムを導入して、正確な記録が残されていることを保証する必要があります。 応募企業はまた、内部監査を実施して、社内コンプライアンス役員も指名しなければなりません。

これが終了すると当社は評価のために、JAAFへの監査を提供いたします。 検査が終わるとJAAF認証が発行されるか、修正行動のための通告が行われます。 修正行動を無事終了すると再監査を受けることができ、認証が発行されます。

倫理的アパレル調達の確保に躍起な小売店およびバイヤーは、罪なき衣類認証で安心します。 SGSが貴社の認証取得をお手伝いするか、貴社独自の協力品質保証プログラムを確立する方法をご覧ください。